2005年04月26日

ネコハギ

ネコハギ Lespedeza pilosa


ネコハギは、国内では本州、四国、九州に分布し、日当たりのよいやや乾いた草地などに生える多年草です。上にはほとんどのびず、茎は地面をはうようにのびます。根もとの近くではよく枝分かれしますが上部ではそれほど分枝せず、1本の茎がかなり長〜くのびます。茎や葉の両面など、全体に毛が密生していて毛むくじゃら。ガクや果実の部分にも毛があります。茎の毛は特に長くて目立ちます。

名前は、全体に黄色っぽい毛がたくさん生えていることから、「イヌハギ」に対してつけられたという説や、全体に柔らかい毛が生えているのを猫の毛に見立てたものという説があります。

1つの葉は、3つの小さい葉(小葉)からできている「3出複葉」で、毛のたくさん生えた「クローバー」のような感じです。1つの小葉は幅の広めの卵形、長さ1cm〜2cm、幅も1cm内外です。その3出複葉が互生します。

ネコハギ Lespedeza pilosa


花期は7月〜9月。葉の脇(葉腋)に1つ〜5つくらいつきます。マメ科の植物なので、花は「フジ」や「カラスノエンドウ」などと同じように「蝶形花」ですが、色は白色。正面を向いて一番大きくて目立つ「旗弁」という花弁に紅紫色の斑点があって、それがちょうど花の中心部に見えるので、よいアクセントになります。ガクは5つに深く裂けます。

花の後には、長さ3mm程度の平べったくて丸くい、小さな果実(豆果)ができます。ネコハギはふつうに咲く花(開放花)のほかに、「閉鎖花」もつけます。これは、花が開かずに結実する花で、閉鎖花によってできる果実は、開放花によってできるものよりも小さいのだそうです。果実の先には花柱が残っていて、1本ピッと立っていて、その様子は、同じハギ属の「メドハギ」にも似ています。

【和名】ネコハギ [猫萩]
【学名】Lespedeza pilosa
【科名】マメ科 LEGUMINOSAE
【撮影日】2005/04/26
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
メドハギ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 21:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3169758

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。