2005年05月02日

オランダガラシ

オランダガラシ Nasturtium officinale
2005/04/30

オランダガラシは、ヨーロッパ原産の多年草で、世界中で広く栽培され、そして野生化しています。オランダガラシという名前よりは、「クレソン」という名前の方がよく知られているかもしれません。程よい辛味と苦味があるので、肉料理の付け合せや、サラダとしてもよく利用されています。日本に入ってきたのは明治の初めごろのことで、やはり食用のために導入されました。現在では、各地で野生化し、河川など流水のある近くでふつうに見られるようになっています。きれいに澄んだ流水のあるところに生えると紹介されていることも多いのですが、特に清流とは呼べないような河川にでも生えています。

名前に「オランダ」とついていますが、特にオランダのもとと限定されるわけではなく、ヨーロッパに広く生育しています。植物の和名には、ヨーロッパのどこかからもたらされたということで、「オランダ」とついていることが時々あります。

茎の下の方は横に這うように広がって、節々から白いヒゲ根が出ます。常緑性ということですが、冬のころは、紫褐色の葉が水面に浮いているような状態をよく見ます。よく分枝して花が咲くころにはしばしば背丈も高くこんもりと茂った群落も見られます。草丈は30cm〜1mくらいまでなります。

オランダガラシ Nasturtium officinale
2004/04/23

葉は羽状複葉で互生します。小さい葉(小葉)は3対〜11対と変異の幅が大きめ。小葉の形も生育段階で変化しますが、だいたいは、一番てっぺんにつき小葉(頂小葉)が特に大きくなります。やや質が厚く表面には光沢があります。まだ地上部が大きく生長していない苗では、頂小葉だけが目立って、丸みのある形ですが、大きく生長した個体では、それぞれの小葉が大きく細長いこともあります。

花期は5月〜6月。茎の先の花序にたくさん咲かせます。白色の4弁花、直径は5mm程度です。花の咲き始めのころは花序がつまって短いのですが、咲き進んで、下部の方には果実ができ始めるころには、花序は長く伸びてきて果実が熟すころにはかなり長〜くなっています。そのころには花序が湾曲して、独特の姿になります。それを見ると、少々、ギョギョっとすることがあります。

アブラナ科なので、果実は「角果」です。長さ1cm〜2cmほどの円柱形です。熟すと2つに裂けます。

【和名】オランダガラシ [和蘭芥子]
【別名】クレソン、ミズガラシ
【学名】Nasturtium officinale
【科名】アブラナ科 BRASSICACEAE (CRUCIFERAE)
【撮影日】2005/04/30、2004/04/23
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 19:14| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(2) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそくのTBありがとうございましたm(_ _)m
そして、まだ構築中ゆえ、御挨拶遅れまして申し訳ありません。

たまたま植物名を調べておりますと
こちら様のサイトが見つかりまして
その内容の豊富さと解りやすい写真に感銘、これからも充実したサイト、陰ながら応援させていただきます(^^)
Posted by Roselover at 2005年05月02日 20:33
おお、クレソンだー♪
『オランダガラシ』というんですか〜^^

>特に清流とは呼べないような河川にでも生えています。
・・・はい、我が家の裏の川にもいっぱい生えます。
ハヤとかオイカワとかいる川なんですが、『清流』とは言い難し(爆)
あ、でも去年、鮭が上ってきました!
かなり内陸部なんですが、よく来たなーと。

そのときの写真が私のホムペの『写真』の中にあります。よかったらみにいらしてください^^

追伸。
緑色の花が咲く桜『御衣黄』が今年も咲きました。庭にあるんです^^
ブログにもアップしてます。
Posted by 実桜 at 2005年05月03日 01:13
びっくりぃ〜。
昨日ここに書き込みに来た直後、今ここにトラックバックした写真を撮りに行ったところだったんですよぉ。

>下部の方には果実ができ始めるころには、(中略)独特の姿になります。それを見ると、少々、ギョギョっとすることがあります。

ギョギョっとしましたよぉ。デジカメの最大サイズで知らずに撮ったところに入っていて、少なからず動揺しました。アブラナ科なんだからと自分を納得させました(笑)。
あとから、初めのころに撮ったのも見直したら、入っているのもありました。で、それをうちのほうで載せてます。
Posted by 混沌 at 2005年05月03日 06:57
クレソン、日光の戦場ヶ原で見たことがあります。近くのホテルで栽培していたのが逃げ出したとか。なかなか強い植物ですね。今もあるのかな?駆除されてしまっただろうか(^_^;
三宅
Posted by 三宅信光 at 2005年05月05日 13:36
*Roseloverさん*

こんばんは。先日は、失礼いたしました。構築中だったのですね。あれから数日、ステキなお写真、たくさんアップされてますね。とてもセンスのいいお写真ばかりで、感動です。これからも楽しみですね。

のろのろとやっている当ブログですが、お暇なときはまた、のぞいてやってくださいませ。応援ありがとうございます!
Posted by hanaboro at 2005年05月05日 18:35
*実桜さん*

鮭も上がってくるくらいなら、それなりの河川なんじゃないのかな。HPのお写真拝見いたしました。授業中の発見だったのですね〜。格闘中の様子が何となく想像されました。それに「御衣黄」がご自宅にあるなんて羨ましいです。
Posted by hanaboro at 2005年05月05日 18:49
*混沌さん*

うほっ!同日アップ。それは偶然ですね〜。こちらでは、今回の写真を撮ったときは、まだ、開花しているものは少なかったんですよぉ。株数も昨年は同じ時期の同じ場所で、もっと大量だったのですけれど。割と川幅の広い河川なんですが、ずいぶん変動するのもなのだなあと思いました。

ということで、今シーズンはまだギョギョギョっとしてないんですよね〜。
Posted by hanaboro at 2005年05月05日 18:56
*三宅信光さん*

やはり、最初は食用に栽培していたものがあちこちで野生化したようですね。今では、都市部からかなり山奥まで様々なところで見られるようになってしまいました。今後も栽培される方には、しっかりと管理を続けてほしいと思います。日光の戦場ヶ原でどうなっているのかは、わたしにはわかりません。やはり、大群落になってしまう可能性を考えると、三宅さんがご覧になったころより広まっていると、うう〜、ちょっと。。。
Posted by hanaboro at 2005年05月05日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3269609

この記事へのトラックバック

緑のじゅうたん
Excerpt: 家から1分半。住宅地を流れる川。向こう側が上流。何年も前から、なんだろうこの草はと思っていたが、先日、別のアブラナ科の植物を図鑑で探していたときに、偶然、おおこれだというのを見つけた。オランダガラシ。..
Weblog: 庭の観察
Tracked: 2005-05-03 06:49

クレソンの繁殖力
Excerpt: 葉や茎に辛味があってサラダに使うことができる野菜を総称してクレスといいます。クレ
Weblog: 食べてみたらおいしかった
Tracked: 2006-10-27 16:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。