2005年05月06日

マルバスミレ

マルバスミレ Viola keiskei


マルバスミレは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野のに当たりのよい草地や林縁などに生える多年草です。

「マルバスミレ」という名前は、もともとは、「ケマルバスミレ」の変種扱いで、茎や葉に毛のないタイプに対してつけられた名前だったそうですが、毛のないタイプは非常に少ないことから、茎や葉の毛の有無には関係なく「マルバスミレ」と呼ばれるようになっているようです。ちょっと古めの図鑑だと「ケマルバスミレ」も載っていて、筆者は毛のあるものは「ケマルバ」と覚えたものだから、今でも見かけると「ケマルバスミレ」といってしまいます。

葉は地面近くで展開しますが、花が咲くころは花茎が伸びるので、草丈は5cm〜10cmくらいです。葉は長さ2cm〜4cmの丸みのあるハート形。縁のギザギザ(鋸歯)にも丸みがあります。茎や葉には粗い毛がたくさん生えています。花後には葉の大きさや草丈もかなり大きくなって、他のスミレ同様、ビックリさせられます。

マルバスミレ Viola keiskeiマルバスミレ Viola keiskei


花期は4月〜5月。直径2cm程度の白色のスミレ。淡い紅紫色を帯びることもあります。葉も丸みがありますが、花弁も丸く豊かな感じ。5枚の花弁のうち、上の2枚は「上弁」、下の2枚は「側弁」です。その側弁の内側、花の中心付近をチェックします。側弁の毛は、スミレの仲間を見分けるときのチェックポイントの1つ。マルバスミレの場合は、側弁に毛があるタイプと毛のないタイプがあって、今回の写真の場合は、側弁の毛はありません。特に、有毛のタイプは、「ヒゲケマルバスミレ (Viola keiskei f. barbata)」といいます。

花の中央部に突き出しているのは雌しべの花柱ですが、その先端はカマキリの頭のような形になっています。下の1枚の花弁は「唇弁」ですが、紫色の筋が入っています。側弁にもいくらか筋が入りますが、かなり控えめです。そして、唇弁の後ろにはシッポのような「距」が出ていますが、マルバスミレの距は太めで先のほうがちょっとふくらんでいます。花柄やガク片にも毛があることが多く、結構目立ちます。さらに、ガクに注目すると、上部にはみ出しているような部分があります。これは、ガク片の付属体で、ギザギザと切れ込みが入っています。

【和名】マルバスミレ [丸葉菫]
【別名】ケマルバスミレ
【学名】Viola keiskei
【科名】スミレ科 VIOLACEAE
【撮影日】2005/05/04
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 野に咲くすみれ

posted by hanaboro at 18:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スミレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

うれしい訪問者!マルバスミレ
Excerpt: 【学名】Viola keiskei 【科名】スミレ科 Violaceae 【属名】ビオラ属  【和名】丸葉菫(マルバスミレ)【英名】 【別名】ケマルバスミレ 我が家で見かけていたス..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-05-07 17:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。