2005年05月09日

ジャニンジン

ジャニンジン Cardamine impatiens


ジャニンジンは、日本全土に分布し、山野のやや湿り気の多い林内、林縁などに生える一年草または越年草です。アブラナ科タネツケバナ属の植物。個体差はありますが、花弁の小さい個体などは、遠めには白っぽいような黄緑っぽいような状態で、花はちょっと地味な方かも。それに比べると、葉は独特の細かい切れ込みのある葉なので、特に若い時期、まだ他の草も小さめなころだと個性的で異彩を放っていると思います。

ジャニンジン Cardamine impatiens


草丈は20cm〜50cmほど。茎や葉には細かい毛が生えています。葉は互生。てっぺんの小さい葉(小葉)が1枚の、「奇数羽状複葉」で、小葉の数は7枚〜19枚。小葉はさらに裂けます。葉の付け根には托葉のようなものがあって、茎を抱きこむような状態になっています。質はごく薄く柔らかな印象。葉の色も明るめです。小葉の形にはやや変異があるようで、もっと小葉の幅が狭いのももあります。細い方がふつうなのかもしれません。

ジャニンジン Cardamine impatiens


花期は4月〜5月。枝先の総状花序に小さな花をたくさんつけます。花は白色の4弁花。花弁の長さは3mmくらい。時折、花弁が退化してしまっていることもあります。ガク片も4枚あります。果実は、長さ2cm程度の「長角果」。

ちなみに、属名の「Cardamine」はタガラシの1種のギリシャ名「kardamon」にちなんでいるといいます。また、種小名の「impatiens」には「忍耐のない」という意味があって、果実が熟して種子がはじけとぶ様子からきているそうです。和名の「蛇人参」は、蛇が食べるようなニンジンという意味なんだとか。葉の切れ込みがニンジンに似ているといえば、まあ似ているのかも。

【和名】ジャニンジン [蛇人参]
【学名】Cardamine impatiens
【科名】アブラナ科 BRASSICACEAE (CRUCIFERAE)
【撮影日】2005/05/04
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
ミチタネツケバナ
マルバコンロンソウ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 18:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。