2005年05月11日

カラスビシャク

カラスビシャク Pinellia ternata
2005/05/08

カラスビシャクは、日本全土に分布し、田畑や人里周辺の草地に生える多年草です。花は緑色なので、一見目立たないですが、その姿を一度見ると忘れられないとてもユニークな形をしています。すごく細身で、竿のようなものが長〜くのびた独特のスタイルです。その糸状の竿のようなものは、花序からのびている付属体です。

葉には長い柄があり、3つの小さい葉(小葉)からなっていて、それが2枚〜3枚、根もとから出てきます。1つの小葉の長さは5cm〜10cmくらいの長い楕円形、先端はとがっています。葉柄の長さは10cmくらいです。

上の写真のまだ小さい個体は、丈が3cmくらいです。下の写真はすでに開花しているものの葉です。幅が狭く見えていますが、これは小葉が2つにちょっと折りたたまれたような状態で、それを真上から見ているので狭く見えています。本来はもう少し幅が広いです。

カラスビシャク Pinellia ternata
2004/04/26

同じサトイモ科ハンゲ属の植物で、よく似た種に「オオハンゲ (Pinellia tripartita)」がありますが、こちらは主に西日本の林内に生育しています。葉柄にムカゴはなく全体に大きめで、葉は3つに深く裂けていますが、単葉です。また、葉と花茎の高さは同じくらいで、花序の付属体が黒っぽくならないところなどが違っています。

花期は5月〜8月。花茎は高さ20cm〜40cm。葉よりも高くなります。「ミズバショウ」や「マムシグサ」などと同じように、花序は「仏炎苞(ぶつえんほう)」という総苞葉(特殊化した葉)に包まれています。花は仏炎苞の中の「肉穂花序(にくすいかじょ)」と呼ばれる軸の部分が多肉になる花序にたくさんつきます。ハンゲ属の肉穂花序は下部の方で仏炎苞とくっつきます。

カラスビシャク Pinellia ternata
2005/05/16

花には雄花と雌花があって、雄花は花序の上部で仏炎苞とくっついていない部分にあります。雌花の方は花序が仏炎苞とくっついた部分にあります。これらの花には花披、つまりガクや花弁に当たるものがなく、雌花は子房がむきだしになっています。

カラスビシャクは栄養繁殖もさかんです。地下部には球茎があって、たくさん子球ができて繁殖します。さらに葉柄の下部の方や小葉の付け根にはムカゴ(珠芽)ができ、それによっても増えていきます。畑地のやっかいな雑草となっている所以です。

【和名】カラスビシャク [烏柄杓]
【別名】ハンゲ [半夏]
【学名】Pinellia ternata
【科名】サトイモ科 ARACEAE
【撮影日】2005/05/16、2005/05/08、2004/04/26
【撮影地】東京都あきる野市、日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 19:33| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(2) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は花がつかないと見つけられないので若葉の頃の写真などとても勉強になります。
畑地では厄介者のようですが,ユニークな花姿のファンです。
TBさせていただきました。
Posted by WAKA at 2005年05月12日 00:30
*WAKAさん*

そうそう、自分も畑を持つ身ではないので、花を見て楽しんでいる1人です。

WAKAさんところのは、今回も仏炎苞に色がのってますね〜。自分がいつも見るのは、緑の仏炎苞で、中をのぞくと仏炎苞の縁と内側、そして竿の一部が黒っぽいっていうタイプなんですよぉ。WAKAさんとこのがとっても新鮮です。お知らせいただいて嬉しかったです。不思議な夢のお話もおもしろかったですし。
Posted by hanaboro at 2005年05月12日 09:17
hanaboroさん こんばんは。
こちらでもカラスビシャクを採りあげましたので、リンクさせていただきましたm(__)m。うちに足りない分がしっかり詰まっていて本当に助かりますです。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年05月13日 01:07
*ごまのはぐささん*

こんにちは。
助けていただいているのは、こちらの方です。いつもありがとうございます。

花の内部の画像やいろいろなお話、とてもおもしろかったです。大阪では郊外でも減ってきているのですか。こちらでも田畑の周辺には見られますが、どこでもかしこでもって感じじゃないですね。わたしの行動半径が狭すぎるだけかもしれないですが。

Posted by hanaboro at 2005年05月13日 10:52
hanaboroさんにおもしろいといってもらえると嬉しいですねー(^^)。

hanaboroさんのフィールドは今でも十分広いですよー。
最近の私のフィールドは徒歩20分以内ですもん。ほとんどベランダやし(^^ゞ。
Posted by at 2005年05月13日 21:11
*ごまのはぐささん*

ごまのはぐささんところのカラスビシャクの記事、うまいことコメント入れられなくて失礼しました。ぼんやりしてるので、気をつけます。

自分とこのフィールドも、自宅の近所がほとんどです。だいたい20分以内ですよ。といっても、あちこち寄り道してるので、なかなか目的地に到着しなかったりしますけどね。だもんで、そんな珍しいモンは登場しませんですね。幅を広げたいところです。
Posted by hanaboro at 2005年05月14日 05:41
おはようございます。
コメントの件、失礼いたしました。
こちらのサーバーの不具合でした。正式版への移行期間のためか、最近ぐちゃぐちゃです。
カエルちゃん、朝から大うけしました(爆)。
早速記事に反映させていただきましたm(__)m。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年05月14日 08:03
*ごまのはぐささん*

こんにちは。どもども。
カエルちゃん今拝見してきました。さっそく記事に加えてくださって、ありがとうございます。ううん、やっぱり変わってる〜。3小葉にならないカエルの葉。

コメントの件、お騒がせいたしました。サーバー移行期間中だったんですね。こちらのSeesaaも近頃不調のようで、どうもうまく行かないことがあります。ここは無料サービスなんで、あんまりわがままいえないのですけど、安定してほしいです。

重複分の削除作業は後ほどさせていただきますね。
Posted by hanaboro at 2005年05月14日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3569041

この記事へのトラックバック

蛇の夢
Excerpt: 今朝,蛇の夢をみました。 それもニョロニョロとしたものではなく,どういういきさつか料理をすることになって先の部分を台に固定して皮を剥いているところ・・・ 「あっ,プラナリアも料理しなくちゃ..
Weblog: はなだより
Tracked: 2005-05-12 00:26

カラスビシャク 烏柄杓 サトイモ科 
Excerpt:  10年ほど以前の秋遅くのことです。うちの近所の長屋が立ち退きになるとき、長くお住まいだったお婆さんから、スズランがあるから貰ってくれと声をかけられたのです。台車を押して出かけていくと、玄関先に据えら..
Weblog: ごまのはぐさのこまごまことのは
Tracked: 2005-05-13 01:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。