2005年05月13日

イタドリ

イタドリ Polygonum cuspidatum


イタドリは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野にごくふつうに見られる多年草です。特に日当たりがよく、他の草が侵入していないような場所にはいち早く入り込み、道路脇のちょっとした隙間にもどんどん生えてきます。草丈は50cm〜1mを越え、開花するころには大きいものでは人の背丈ぐらいまでなります。ちょっとした斜面に生えていたりすると、はるか上から覆いかぶさってくるような迫力で、背の低い筆者なんぞは圧倒されてしまいます。地下の根茎は横に長く伸び、あちこちから芽を出して群生します。花期は7月〜10月。葉の脇(葉腋)から花序を出して小さな花がたくさんつきます。雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。

イタドリ Polygonum cuspidatumイタドリ Polygonum cuspidatum


イタドリの葉の付け根には丸くてくぼんだような「腺体(蜜腺)」があって、そこにはアリがやってきます。実際に、イタドリを眺めているとあちこちで、茎を行ったり来たりするアリの姿が見られます。アリは葉の付け根にたどり着くと蜜腺のところで少し立ち止まって、蜜をなめます。しかし、大型のアリは、一か所にじっと留まらず次々と葉の付け根を渡り歩いて、せわしなく茎を移動していきます。それに比べると小型のアリは1つの蜜腺でじっくり味わっているようです。

この蜜腺は花の中にある蜜腺に対して、「花外蜜腺」と呼ばれます。花外蜜腺は、イタドリに限った構造ではなく、サクラ類の葉柄やカラスノエンドウの托葉など、いろいろな植物で見られます。

イタドリ Polygonum cuspidatumイタドリ Polygonum cuspidatum


大型のアリは蜜腺を渡り歩く途中で、アブラムシの集団に立ち寄ったり、別のアリに出会って何かモゾモゾやったりと忙しい。「ヒメオドリコソウ」のエライオソームつきの種子を探すときもせわしない様子だったなぁ。そういえば、今までアリの名前は調べてなかったので、そろそろ調べようかとも思うのだが。さて、どうしましょう。。。

【和名】イタドリ [虎杖]
【学名】Fallopia japonica (Polygonum cuspidatum)
【科名】タデ科 POLYGONACEAE
【撮影日】2005/05/12
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。