2005年05月14日

ヒルガオ

ヒルガオ Calystegia pubescens
2005/04/08 まだ幼い苗

ヒルガオは、日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、朝鮮半島や中国にも分布しています。道ばたや日当たりのよい草地などに生育するつる性の多年草です。名前は昼間に花が開くことからきているということですが、必ずしも開き始めるのが昼間というわけではなさそうです。場所によっては比較的朝早くから咲き始め、午前中には開花しています。そして、夕方ごろまでは開いています。

「自家不和合性」という性質があって、ふつう自家受粉せず、受粉は訪花昆虫に頼っているために、あまり種子をつけないといわれています。そのかわり、かなりの広い範囲に地下茎を伸ばして増えます。

ヒルガオ Calystegia pubescens
2005/05/14
まだ咲き始めのころの葉
ヒルガオ Calystegia pubescens
2005/07/10
大きく生長した株の葉


葉は互生。ほこ形〜矢じり型で、長さは5cm〜10cm程度。葉の付け根の方は横に張り出します。この張り出した部分が2つに裂けていないのが特徴で、これで、「コヒルガオ」とだいたいの区別ができます。しかし、はっきりと2つに裂けないまでも裂け気味のことが結構あります。逆にコヒルガオの方も、2裂しないようなこともあるので、これで必ず区別できるとは限らないでしょう。ただ傾向としては、ヒルガオの葉はやや丸みがあるのに対して、コヒルガオの葉はとがってツンツンした印象があるという感じでしょうか。

ヒルガオ Calystegia pubescensヒルガオ Calystegia pubescens
2005/05/14

葉を見てよくわからない場合、今度は花柄に注目してみます。そこで花の下の柄の部分に翼がなければ「ヒルガオ」、はっきりとデコボコした翼があるのは「コヒルガオ」です。花の大きさや色にも少し違いがあります。ヒルガオの方が大きめでやや濃いめの淡紅色、中心部の白がはっきりめ。コヒルガオは小さめで色が薄いです。

花期は5月〜9月。葉の脇(葉腋)から、長さ2cm〜5cmの柄の先に漏斗型の花を咲かせます。花(花冠)の直径は5cm。コヒルガオでは3cm〜4cm。

ヒルガオの場合、「アサガオ」の花や果実でも見られるガクの部分が、大きな2枚の「苞」に包まれています。というより、2つの苞によってサンドイッチみたいにはさまれています。これはヒルガオ属の大きな特徴でもあります。一見すると、苞がガクのように見えてしまうかもしれませんが、横からのぞくとガクが見えます。ちなみにヒルガオ属の学名「Calystegia」には、「calyx (ガク)」+「stege (ふた)」という意味があります。

正午ごろに撮影したものですが、5本ある雄しべは、下の方でかたまったような状態で、雌しべは長く伸びて先が2つに割れて、コの字形になっていました。

【和名】ヒルガオ [昼顔]
【学名】Calystegia pubescens (Calystegia japonica)
【科名】ヒルガオ科 CONVOLVULACEAE
【撮影日】2005/07/10、2005/05/14、2005/04/08
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
コヒルガオ
ハマヒルガオ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 15:52| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昼顔が芽を出したての頃、葉の形も違うんですね。それとよく見るのでもっと繁殖力が強い(種を良くつける)のだと思っていました。地下茎でがんばるタイプだったんですか。いつもながら勉強になります。
三宅
Posted by 三宅信光 at 2005年05月14日 18:35
*三宅信光さん*

こんばんは〜!
葉の形はなかなか難しいところもありますね〜。コヒルガオとそっくりなもんで。それで、やっぱりちゃんと確認しようと思って、開花期まで待ちました。

そうですね〜。種子で大量に増える植物もあれば、主に栄養繁殖で増えるもの、両方でさらにグングン増えるもの、いろいろですね。ヒルガオの場合は多年草でもあるので、地下茎での繁殖はとても有効なんでしょう。夏のつる性多年草にはそういうの多いかもです。
Posted by hanaboro at 2005年05月14日 20:03
初めまして、鬼平と申します。色々探しましたが、ヒルガオとコヒルガオの相違点を、撮影画像でしっかりと比較できるのは、hanaboroさんのところだけでした。翼の意味がはっきりしました。ありがとうございます。ところで私が常連で参加している掲示板へ、ヒルガオとコヒルガオのページへ直接リンクしたいのですが、ご許可いただけますでしょうか。
Posted by 鬼平 at 2005年07月07日 22:20
*鬼平さん*

ヒルガオとコヒルガオの違い、いくつかポイントがあると思います。花の大きさ、色、葉の形、そして花柄の翼などなど。1つの形質だけみると、どちらかわからないような場面もあるかもしれませんね。

ここの記事でも葉では区別がつかないですよね。ヒルガオの方はもっと細長くて表面がボコボコ波打つような状態のことが多いと思います。

こんな感じで、あまりシャキッとした記事ではないですが、リンクの件はOKですよ。
Posted by hanaboro at 2005年07月07日 22:44
ありがとうございます。さっそくリンクいたしました。
http://www.eos-d-slr.net/pict_bbs/imgboard.cgi?unq=20050707222709#20050707222709
今後とも
Posted by 鬼平 at 2005年07月07日 23:47
…切れてしまいました…
ご活躍を期待・応援いたしております。
Posted by 鬼平 at 2005年07月07日 23:48
*鬼平さん*

こんにちは!
こちらこそ、ご紹介いただいて、ありがとうございました。EOS Digital専用の掲示板だったんですね。素晴らしいお写真、羨ましい限りです。これからも素敵なお写真、たくさん撮影してくださいね。
Posted by hanaboro at 2005年07月08日 10:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3625126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。