2005年05月15日

キンラン

キンラン Cephalanthera falcata
2005/05/14 下の方の花には唇弁が見当たらない

キンランは、本州、四国、九州に分布し、山野の林内に生える多年草です。草丈は40cm〜50cm。葉の長さは10cm内外、幅の広い長い楕円形。つけ根は茎を抱くように、互生してつきます。名前は、鮮やかな黄色の花色から「金蘭」といいます。

キンラン Cephalanthera falcata


花期は4月〜6月。花は黄色、幅1.5cmくらい。しっかりと開かず、ちょっとだけしか開かないところがまた、贅沢な感じ。ちらっと見える唇弁はほんのりと朱色を帯びているのですが、一番上の写真では、すでに唇弁は傷んで縮れたり、脱落したりしてよくわからない状態になっています。かなり花数の多い個体だったんだけど。新鮮な花だったら、こんなに開かないのに。。。

本来は唇弁は3つに裂けていて、そのうち中心の裂片(中裂片)には隆起したヒレのようなものが数本あって、「隆条」または「隆条線」などといいます。茎から枝分かれして花がついている感じですが、その枝に見えるところは子房です。花時期の子房の部分は細長いので、枝のような、花柄のような感じに見えますが、受精していれば花後には果実となります。

キンラン Cephalanthera falcata
2004/05/15
終わりかけの花
キンラン Cephalanthera falcata
2005/02/13
冬に見られた果実の残骸


キンランの花は上を向くので、花の後ろ側は下になる。その下の方には短い「距」があります。新緑の雑木林の中で、この黄色に輝く花はかなり目立ってしまう。林の中をパッと明るくするその花に目が留まる。同じようなところに生育する「ギンラン」の方は、ずっと小さくて花も白色だから、やや目につきにくい。開花個体も比較的見られるのだが、キンランの方は。。。

【和名】キンラン [金蘭]
【学名】Cephalanthera falcata
【科名】ラン科 ORCHIDACEAE
【撮影日】2005/05/14、2005/02/13、2004/05/15
【撮影地】東京都

posted by hanaboro at 01:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3638893

この記事へのトラックバック

巣の実り キンラン
Excerpt: 以前ヤマネの通り道でご紹介したキンラン。クロの庭にも鎮座しております。キンランは素敵な花ですが、鉢植えはおろか庭植えでもうまく育てるのは難しいです。ですから、自生株を見つけて回りに誰もいなくても抜き取..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-07-10 15:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。