2005年05月15日

ミツデカエデ

ミツデカエデ Acer cissifolium


ミツデカエデは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地に生える落葉高木です。高さは10mをこえるぐらいまでなります。

カエデ科カエデ属ですが、葉の形が特徴的。一般的なカエデの掌状の葉とはちょっと違っています。葉は3つの小さい葉(小葉)でできた「3出複葉」です。小葉の形は細長い楕円形で先が細く伸びます。長さは5cm前後で縁には粗めのギザギザ(鋸歯)があります。

ミツデカエデ Acer cissifolium


葉には白っぽい毛が多く、特に新葉が展開してくるころには、白い毛が目立ってフサフサしています。若葉は柔らかな感じ。薫風にフワフワとそよぎます。

葉柄の赤いのも特徴です。新緑の若葉とのコントラストはとても美しい。こういうときに、写真が上手に写せたらと思うのです。努力しましょう。

ミツデカエデ Acer cissifolium


花期は4月〜5月。長さ10cm前後の花序が垂れ下がって、黄色の小さな花がたくさん咲きます。雄花と雌花が別の株につく雌雄異株。花のつく様子も非常にさわやかです。カエデ属なので、花後にはやっぱりプロペラのような果実、「翼果」ができます。翼果の長さは2cm〜3cm。2つずつつきますが、2つの間はあまり開かない感じになります。

カエデの仲間も、種類によっていろんな葉や翼果の形があって、それを見比べるのもおもしろい。そして秋には紅葉も楽しめます。

【和名】ミツデカエデ [三手楓]
【学名】Acer cissifolium
【科名】カエデ科 ACERACEAE
【撮影日】2005/05/04
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。