2005年05月18日

トウバナ

トウバナ Clinopodium gracile
2005/04/15 若い芽

トウバナは、本州、四国、九州に分布し、山野の林縁や道ばた、田のあぜなどやや湿り気のある場所に生育する多年草です。根もとからたくさん茎を出して、根もとの部分はやや地面をはい少し斜めに伸びる傾向があります。上部はだいたい直立します。高さは20cm〜30cmほどになりますが、5cmくらいか、それよりももっと背の低い状態で開花しはじめます。

葉はシソ科らしく対生で、茎も角ばっています。卵形〜幅の広い卵形で、長さ、幅とも2cm前後で、1cmくらいの葉柄があります。縁には浅いギザギザ(鋸歯)があります。

トウバナ Clinopodium gracileトウバナ Clinopodium gracile
2005/05/14 開花前のガク

花期は5月〜8月。茎の先につく花(花冠)は長さ5mm〜6mmくらいのごく小さな「唇形花」で、淡い紅色。花冠は上下2つにわかれていて、下唇の方が大きくさらに3つにわかれています。本当に小さな花ですが、まばらに毛も生えています。中をのぞくと雄しべが上唇にくっついています。4本の雄しべのうち2本が長くなっています。このあたりの観察にはルーペが必要です。

ガクも上下に裂けていますが、さらに上は3つに、下は2つに裂けます。ガクの部分にはまばらに毛があって、しばしば赤みを帯びています。

花は咲き始めのころは花茎が短くつまっていますが、数コずつが段々にわかれて輪生し、花が咲き進むと花茎が伸びて塔のようになります。そこで、名前は花穂の形を塔に見立てて「塔花」といいます。

よく似た種の「イヌトウバナ(Clinopodium micranthum)」は、山地に多く葉の裏に「腺点」があって、ガクには長い軟毛があるところなどで見分けます。

【和名】トウバナ [塔花]
【学名】Clinopodium gracile
【科名】シソ科 LABIATAE
【撮影日】2005/05/14、2005/04/15
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3729297

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。