2005年05月19日

カラスノエンドウ

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/05
カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/04/29


カラスノエンドウは、本州、四国、九州、沖縄に分布する一年草または多年草です。果実は熟すと真っ黒になるので、それを「カラス」にたとえてその名があります。この植物の特徴もいろいろとありますが、今回はその中の1つ、「腺体」についてです。カラスノエンドウの葉の付け根の方にある付属物、「托葉(たくよう)」には蜜を分泌する「腺体」があります。この構造は花の中の蜜腺に対して「花外蜜腺」と呼ばれています。

すでに「イタドリ」の花外蜜腺に来るアリの姿をご紹介済み。そのカラスノエンドウ編。

カラスノエンドウの花外蜜腺は、一度わかれば、見つけるのはもう簡単です。花の下の方、葉の付け根のあたりを見ればそこにあるヒレのような「托葉」の部分にあります。ちょっと茶色くなった部分がそれです。

花が咲き進むと、カラスノエンドウの花の近くや若いさやのあたりが、アリマキだらけになっていることがあります。近くにはアリもうろうろしています。カラスノエンドウの株の前でちょっと待っていると、ものの数分で茎にアリが登ってきます。こういうぼんやりした写真なら、気の短い筆者でも撮影可能です。

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigraカラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/14

果実(豆果)がまだ若いうちは、蜜腺からもまだ、十分に蜜が出ているようです。茎を上下に移動しながら、あらゆる蜜腺に立ち寄って蜜をなめるアリの姿が見られます。しかし、後脚は何だかつっぱったようにずいぶん開脚しているんですね。

カラスノエンドウ Vicia sativa subsp. nigra
2005/05/19

豆果が黒くすっかり熟くすと、そのうち勝手にパチン音をたてて弾け、中の種子が飛び散ります。そして、すでに中の種子も弾け飛んだあとは、茎も黄色く変色して枯れ始めます。それでも蜜腺の痕跡だけは一応、見ることもできます。とはいっても、さすがにもう蜜は出ていないのでしょう。アリの姿はありませんでした。

【和名】カラスノエンドウ [烏野豌豆]
【別名】ヤハズエンドウ
【学名】Vicia sativa subsp. nigra
【科名】マメ科 LEGUMINOSAE
【撮影日】2005/04/29、2005/05/05、2005/05/14、2005/05/19
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
カラスノエンドウ
カスマグサ

■Trackback People : 身近な生き物

posted by hanaboro at 21:24| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
わが庭にも沢山咲いています。

子供のころ、鞘から種を出して笛を鳴らして遊んだ
「ピーピー・・・と私たちは言っていたが。」ものかしら。。?

その頃の鞘はとても太っていたように思ったが、
家のはサヤエンドウのようにスマートですねぇ。
Posted by フラウ at 2005年05月19日 23:48
hanaboroさん こんばんは。
先ほどは素晴らしいコメントをありがとうございましたm(__)m。

アリさんシリーズですね(^^)。
子供のころに持っていた昆虫図鑑のアリの分類に、「のろま」とか「はや足」とか書いてあったのを思い出しました。
たとえばアシナガアリは「のろま」とか。
子供ごころに「のろま」とか言われてかわいそうやなーと。。。
そんなのありませんでしたっけ??

Posted by ごまのはぐさ at 2005年05月20日 00:24
こんにちは^^
またまたお勉強に参りました。
この種子って、やっぱり弾け飛ぶんですね・・φ(.. )
チャンスがあったら、眺めてみたいです^^
Posted by りお at 2005年05月20日 11:30
*フラウさん*

こんにちは。
そうですね〜。そうやって、遊びました!
自分のところでは、「ピーピー豆」っていってましたよ。

こちらの近くで見るものも、若いマメは、サヤエンドウみたいです。それがだんだん熟してきて、太くなってきまよ。こちらでは、だいたい一通り咲いて、あちこちでマメが弾けてきています。
Posted by hanaboro at 2005年05月20日 16:08
*ごまのはぐささん*

こんにちは!
きゃあ。またそんな素晴らしいだなんて。恥ずかしいですよぉ。

「のろま」って言葉は、いわれるとちょっと傷ついちゃいますね。これが図鑑の分類に使われてたなんて、知りませんでした。確かに、はや足のアリと、のろのろと動くアリがいるのは本当だけど。

これまで、植物については細かく名前を調べたい方だったのに、アリについては、ただ「アリ」としかわからなかったので、これからは調べるようにしようかなと思っていたところでした。
Posted by hanaboro at 2005年05月20日 16:25
*りおさん*

こんにちは^^
さやは弾けますよ。黒っぽくなってパンパンになったものはもうすぐです。さわるとパン!って弾けてビックリ!

さやが弾けてすぐはまだ種子(マメ)がついていることもあるのですが、これがなんだかウズラの卵みたいな模様があったりして、それもおもしろいですよぉ。

マメがなくなっちゃうと、さやがネジみたいにクルクル巻いて、いろいろ楽しめますね〜。
Posted by hanaboro at 2005年05月20日 16:34
hanaboroさん、こんばんは。
今日は3時過ぎから急に日差しが強くなったのですが、その頃に犬の散歩であぜ道を歩いていたら、カラスノエンドウの莢がピシン!ピシン!とあっちこっちではじけていました。まるでゴマを炒る音を聞くようでした。なんだか楽しい気持ちになりました。
Posted by つぶら at 2005年05月20日 21:17
*つぶらさん*

こんにちは。
日差しが強くなると、乾燥して弾けやすそう。さやが弾ける音、ゴマを炒るような音って、いい表現ですね〜。自然が奏でる音って、気づかないときも多いですが、ときどき耳を澄まして聴いて見るのもいいものですね。
Posted by hanaboro at 2005年05月21日 08:16
血行をよくする作用があり、軽い胃のもたれがあるときに、1日に5gを適量の水に入れ、服用すると胃炎に効く
Posted by 血行をよくする作用があり、軽い胃のもたれがあるときに、1日に5gを適量の水に入れ、服用すると胃炎に効く at 2006年04月26日 15:41
いに日煮になきら揶揄せよやそやよらやんらや世や世や世や世や世や早稲行くわ愈股間かすらな結いえおらなゆかえゆか湾か寸らは蔵と紙なんら貸すなら中すら結わかす気にらといす本酔わす際四寸方寸輪とかすゆんらくと毛の粉に貸すマナにらと粉いすにらトンならすんならいすなんらけら木な原木ナスからいす泣きあいけれらと着せ反せ監視背人背かにらせみこすり気に背巣会いらかんおらゆんおよみな酔いえゆよおゆよゆんよい四湯言え゛んよいよゆんよ込み稲尾よみんな余暇ないみんよゆんわよお床寸らか弓家を油脂払えくよいおゆんわトン家て夕焼け生かす訓ェお湯けしら由真核なれてうひくんよやナスと甍や愈レイヨンと巣ナル紆余湯上来る砂州にかゆや酔えおスミレか今夜入れえよお湯用湯オヨ笑み費トンゆえレオン世結いトン上身四ユア世尾ゆえよんうえゆんと世羅いる切らすおゆらすにきなり葉寸レアェ湯やなくラマ針知るりん酔え愈よらん押せェ泣きと米らェなん入れ習え日宇民ウランやよみえよやんよい上に規範以下にやんにえおゆんよに貸すくよゆんうせおゆよか実と任愈な食え世や終えよ過去黄な粉に指す区かなんお夜中二期並み居こる寸内らえんすにりきまのしはきくんなかかといらすかとりこんかにすなにかもねはにいにらすんてますののりなんかなんにら
Posted by 卑弥呼 at 2006年07月11日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カラスノエンドウ が色づいてきました
Excerpt: カラスノエンドウが色づいてきてます。これはどうやって炸裂するんでしょうね〜(〃∇〃)ワクワク♪カラスノエンドウについて、hanaboroさん@花図鑑のボロボロブログちで詳しく解説されております(^-^..
Weblog: フォト日和
Tracked: 2005-05-20 11:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。