2005年05月22日

ツルカノコソウ

ツルカノコソウ Valeriana flaccidissima
2005/04/03 春に出てきた若い葉

ツルカノコソウは、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地の林内のやや湿り気のある場所に生育する多年草です。茎や葉は水分を多く含んだような感じで、柔らかい印象です。オミナエシやオトコエシと同じオミナエシ科の植物です。草丈は30cmくらい。

葉は対生。羽状に全裂します。越冬中の葉や「ランナー」につく葉は、小さく卵形です。縁のギザギザ(鋸歯)はウネウネとした波状で不明瞭、ほとんど全縁にみえます。

ツルカノコソウ Valeriana flaccidissima
2005/05/04 走出枝

花茎が伸びて開花するころには、直立した茎の根もとから、細長いつる状の茎を地面に伸ばします。このように匍匐する地上茎を「走出枝」または、「ランナー」といいます。よく似た形態で、途中の節々から根を下ろす場合は「ストロン」といいます。ツルカノコソウの場合、途中からは根を下ろさず、ランナーの先から根を下ろして、そこでロゼット状に葉を広げて越冬します。開花した茎の方は、結実後には枯れてしまいます。オトコエシも同じような生活史です。

ツルカノコソウ Valeriana flaccidissima
2004/05/30 果実

花期は4月〜5月。花は散房花序にたくさんつきます。1つ1つに花は、直径2mm〜3mm程度のごく小さい漏斗型です。ほとんど白色で、よく見ると少しだけ赤みを帯びていることがあります。雄しべは3本と雌しべは花冠より短くて、「カノコソウ」のように外に突き出ません。

雌しべの子房は3つの部屋(3室)に分かれていますが、そのうちの1つだけが果実になります。果実(そう果)は細長い楕円形で、ちょっと先端の方が細くなっています。長さは2mmくらい。
キク科の植物のような羽状の白い綿毛(冠毛)があります。

【和名】ツルカノコソウ [蔓鹿の子草]
【別名】ヤマカノコソウ
【学名】Valeriana flaccidissima
【科名】オミナエシ科 VALERIANACEAE
【撮影日】2005/05/04、2005/04/03、2004/05/30
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
オミナエシ
オトコエシ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。