2005年05月23日

チダケサシ

チダケサシ Astilbe microphylla


チダケサシは、本州、四国、九州に分布し、山野のやや湿り気の多い草地などに生える多年草です。草丈は30cm〜80cmほど。名前は、「乳茸」というキノコをこの茎に刺して持ち帰ったことから「チダケサシ」というのだそうですが、筆者にとっては何ともピンとこない名前の由来です。

葉は互生。頂小葉のある「奇数羽状複葉」で、葉の両面にはまばらに毛があります。小葉は長さ3cmくらいの楕円形〜卵形。小葉の縁にはやや鋭い「重鋸歯」があります。重鋸歯というのは、大きなギザギザにさらに細かくギザギザが入っている鋸歯のことです。鋸歯は鋭い感じですが、小葉の形はそれほどシャープなものではなく、どちらかというと先は丸みがあります。

チダケサシ Astilbe microphylla


花期は6月〜8月。茎の先に細長い円錐形の花序を出して、多数の花を咲かせます。花序には褐色の腺毛がたくさん生えています。花序はいくつも枝分かれしますが、分かれて出た側枝は短くやや斜め上向きに伸びます。花は淡い紅色〜ほぼ白色。1つ1つの花は直径数ミリの小さなものです。細長い線形のピラピラした花弁は5枚あります。花弁の長さは5mmあるかどうかという程度。ガク片は5つ、雄しべは10本あって、はじめは葯が紫色っぽいです。

チダケサシ属の場合、1つの雌しべは2の心皮からできていて、角のように突き出た花柱が2つありますが、基部ではくっつています。子房室も2つなんだと思います。果実はさく果で熟すと2つに裂けます。

【和名】チダケサシ [乳茸刺]
【学名】Astilbe microphylla
【科名】ユキノシタ科 SAXIFRAGACEAE
【撮影日】2004/07/25
【撮影地】東京都八王子市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 21:10| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ^^
チダケサシを初め見たとき、『血だけ刺し?』って思ってしまった私です・・・(爆)

で、『乳茸』って何じゃらほい?と調べてみました〜。
美味しそうでした・・・(爆)
http://cx.jpn.org/~kinoko/00jap/chichitake01.htm
に、写真が載ってました♪
Posted by 実桜 at 2005年05月25日 13:10
*実桜さん*

こんにちは^^
「血だけ刺し」ですかぁ〜。なんだか生々しい感じですね。ぞぞぞぉっ。

乳茸の情報、ありがとうございます。
ナスと炒めるか、おそばにするんですね。なるほどぉ。おいしそうです。実桜さんはキノコ狩り、されるんですか。わたしは、どうもちゃんと見分ける自信なくて。。。
Posted by hanaboro at 2005年05月25日 19:44
>キノコ狩り。
いえいえ!やっぱり毒キノコとの見分け方が出来ないので、取って食べたりはしません^^;

ベニテングタケみたいに、綺麗なキノコを見たりは好きです^^
冬虫夏草のホンモノを見てみたいなぁとも思います^^ 怖いもの見たさ・・・ですね〜。

食べるキノコは・・・売ってるナメコとか、売ってるキノコの水煮とか。
『食べても大丈夫!』なものだけですねー(爆)
Posted by 実桜 at 2005年05月25日 21:16
*実桜さん*

キノコ。見るのは楽しいですね〜。ときどき見かけるとつい、写真に写したりします。食べるのは、やっぱり売っているものだけです。こんな人なのに、どういうわけだか、スギヒラタケは食べたことがあったんです。

冬虫夏草は、詳しく知らないのですが、中国とかヒマラヤのすっごい奥地に行ってもあるかどうかって感じなんじゃないですか。
Posted by hanaboro at 2005年05月26日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。