2004年07月29日

ヒマワリ・セーラームーン

ヒマワリ・セーラームーン Helianthus annuus


今回の写真は、ヒマワリ・セーラームーンの後姿です。このヒマワリは、全体小柄で、草丈が50cm〜60cmくらい、花は小さく直径15cmほどです。それになんといっても特徴的なのがその花色。よく分枝して枝先に淡黄色の花を咲かせます。開き始めのころは花びらに見える「舌状花」の付け根のあたりがやや黄緑がかっています。1個体に5輪〜8輪ほど花をつけ、一番花とそれ以外の花との大きさにはほとんど差がなく、開く時期もほとんどかわらない感じ。そのため、一株あたり同時に3輪ほど咲いています。

といっても、そういうこの品種のいいところは、今回の写真からはまったくわかりませんね。

【品種名】ヒマワリ・セーラームーン
【和名】ヒマワリ [向日葵]
【学名】Helianthus annuus
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/07/20
【撮影地】東京都立川市

posted by hanaboro at 19:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花の後姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。