2005年05月28日

ツボミオオバコ

ツボミオオバコ Plantago virginica


ツボミオオバコは北アメリカ原産の一年草です。本州の関東〜沖縄の道ばたや荒れ地などに見られます。筆者の近くの関東の丘陵地では「ヘラオオバコ」よりは見る機会が少なめです。しかし、生えている場所ではしばしば群生します。

全体に毛が密生していて白っぽく、やわらかそうに見えます。葉はすべて根生葉で、ロゼット状になります。長さ3cm〜10cmの倒披針形。縁は少しだけ鈍い鋸歯(ギザギザ)が見られることもありますが、ほとんど目立ちません。それよりもたくさんの毛の方がずっと目立つ特徴です。花が咲くころにはやや葉が立ち上がってきます。

ツボミオオバコ Plantago virginica


花期は5月〜8月。根生葉の間から10cm〜30cmの花茎が出て、茎の半分より上にたくさん穂状に花がつきます。花は軟毛の生えた「ガク」と「苞葉」に包まれています。開花している花序を見たときに薄い褐色のピラピラしたものが見えますが、それが「花冠」です。花冠の先は4つに裂けていますが閉じていることが多いです。それで、「ツボミオオバコ」と呼ばれます。かなり小さな個体でもよく開花しています。

オオバコの仲間では、雌性期と雄性期があって、雌しべが雄しべよりも先に成熟する「雌性先熟」です。雄しべは雌しべが受精しその役目を終えた後、熟してきます。ツボミオオバコの雄しべはヘラオオバコのように長〜く伸びず、あまり目立たないので、ヘラオオバコほど雌雄の交代の様子がわかりづらい。でも、花冠の先は閉じていることが多くても、まったく開かないわけではなく、雄しべが見えていることもあります。

果実は「蓋果(がいか)」と呼ばれる果実で、熟すと横にパコッと割れます。種子は黒っぽい楕円形で2つ入っています。

【和名】ツボミオオバコ [蕾大葉子]
【別名】タチオオバコ
【学名】Plantago virginica
【科名】オオバコ科 PLANTAGINACEAE
【撮影日】2004/04/26
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ヘラオオバコ

■Trackback People : 帰化植物

(注)カテゴリー、「蕾図鑑」に入れていますが、特に一番上の写真は蕾というわけではありません。開花中の個体も含まれています。

posted by hanaboro at 18:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。