2005年05月30日

ハクウンボク

ハクウンボク Styrax obassiaハクウンボク Styrax obassia


ハクウンボクは、北海道、本州、四国、九州、沖縄と、日本国内での分布域は広く、日本以外で中国や朝鮮半島などに分布しています。山地に生え、「エゴノキ (Styrax japonica)」によく似た花をたくさん咲かせるエゴノキ科エゴノキ属の落葉高木です。高さは10m前後になります。樹皮は灰白色、古木になると浅く縦に裂けます。

花期は5月〜6月。枝先の総状花序に白い花を、大量に咲かせます。長さ10cm〜20cmくらいの花序はやや下向きに伸びますが、先端の方は上を向くような状態になります。下に落ちていた花で観察すると、花(花冠)は、直径2cmくらいで先が5つに深く裂け、花びらが5枚に見えます。たくさんの雄しべがあって、花粉のある「葯」の部分が長めで、黄色く白の花冠との対比によって、清々しい印象になります。雌しべは花の中央に1本、長く突き出しています。

よく似たエゴノキとは花序の出方と葉の大きさで簡単に見分けられます。エゴノキの方は今年伸びた短い側枝の先に数個ずつ花がつきますが、ハクウンボクは長い花序が出て多数の花が咲きます。エゴノキの花は丸みがありますが、ハクウンボクの花びらに見える花冠の裂片は、やや細くとがった形。エゴノキの葉は、長楕円形で長さは5cm〜10cmくらいで、ハクウンボクより小さいです。

果実は、直径1.5cmくらいの球形。熟すのは秋。

ハクウンボク Styrax obassia


葉は互生。丸く大きな葉。長さは10cm〜20cm。縁のギザギザ(鋸歯)は、半分より上、先端の方に少し見られる程度。

赤褐色の若い枝を見ると、ところどころヒレのようなものが出たようになっていて、それは何だろうと思っていました。図鑑の記載を読むと、「若い枝の表皮が縦にはがれやすい」とあるので、きっとそのことをいっているのだろうと。相手はかなりの高木なので、背のちっちゃな筆者は、はるか上の枝を下からただ仰ぎ見るだけなのです。

ちなみに、「ハクウンボク」という名前は、白い花がたくさん群がるように咲く様子を「白雲」にたとえたところからきています。

【和名】ハクウンボク [白雲木]
【別名】オオバジシャ
【学名】Styrax obassia
【科名】エゴノキ科 STYRACACEAE
【撮影日】2005/05/29
【撮影地】神奈川県藤野町

■当ブログ内関連記事
ベニバナエゴノキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 18:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4013329

この記事へのトラックバック

ハクウンボク&ヤマボウシ
Excerpt: 今『ハクウンボク』(エゴノキ科)が満開です。 先日夕方,車をバックして側溝に落ちたのは,この花に見とれたためでした。 遠めに見て,エゴの木かと思ったのですが,今日散歩中に確かめたら「白雲木」の名の..
Weblog: 里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々
Tracked: 2005-06-08 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。