2005年05月31日

ミヤマハハソ

ミヤマハハソ Meliosma tenuis


ミヤマハハソは、本州、四国、九州に分布し、山地の落葉樹林の林縁などに生える落葉低木です。高さは3m〜4mほど。特に若い枝は細くて赤みを帯びています。

葉は互生。先のとがった倒卵形。長さは10cm前後です。表面は濃い緑色でやや光沢があるように見えます。質は少し厚ぼったい。縁のギザギザ(鋸歯)は、波を打つような感じで粗め。葉の両面や葉柄には細かい毛が生えています。

「コナラ」の葉によく似ています。コナラの別名が「ハハソ」。「ミヤマハハソ」は、アワブキ科、コナラはブナ科でまったく別の植物ですが、葉がコナラに似ていて、より深山に生育するところから、ミヤマハハソと呼ばれています。

花期は5月〜6月。枝の先から円錐花序が垂れ下がるように出ます。花序には淡い黄色の小さな花がたくさんつきます。1つ1つの花は、直径5mmに満たないような小さなものです。花弁は全部で5枚ありますが、そのうち3つは大きく円形で、残りの2つは鱗片状になっています。雄しべも5本ですが、こちらは2本が完全で花粉のできる雄しべ、3本は退化して鱗片状になり花粉はできないものです。この花粉のできない方を「仮雄しべ」といったりします。ガクは3個〜4個です。果実(核果)は球形で、秋に熟すと黒っぽくなります。

冬芽は「芽鱗」のない「裸芽」です。葉のついていた痕跡の「葉痕」に見られる「維管束痕」はU字型に点々が並びます。梅雨入り間じかのこの時期に「冬芽」の話をするのも何ですが、この時期でも見ようと思えば、維管束痕だって見られるのです。

【和名】ミヤマハハソ [深山柞]
【別名】ミヤマホウソ
【学名】Meliosma tenuis
【科名】アワブキ科 SABIACEAE
【撮影日】2005/05/29
【撮影地】神奈川県藤野町

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 16:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。