2004年08月04日

ムラサキバレンギク

ムラサキバレンギク Echinacea purpurea


ムラサキバレンギクは、北米原産の多年草です。花弁(舌状花)は赤紫色で、咲き進むにつれて下に垂れ下がってくる。英名はpurple coneflower。属名のエキナセア(Echinacea)は、「ハリネズミ」という意味で、中心部の盛り上がった部分の形がハリネズミのようだということから命名されています。写真の花はもう咲き終わりです。花弁は虫に食べられたのか、日照りで傷んだのか、個性的な色合いや形を楽しむには遅すぎ。ハリネズミ状の部分が残るのみ。

【和名】ムラサキバレンギク [紫馬簾菊]
【英名】purple coneflower
【学名】Echinacea purpurea
【科名】キク科 COMPOSITAE
【撮影日】2004/08/02
【撮影地】東京都調布市

posted by hanaboro at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。