2005年06月06日

ミヤマハコベ

ミヤマハコベ Stellaria sessiliflora


ミヤマハコベは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の谷沿いのやや湿り気の多い場所に生育する多年草です。草丈は20cm〜40cm。ほとんど地面付近をはった状態か、茎の上部はやや斜めに立ち上がります。山地の林内に多い「サワハコベ (Stellaria diversiflora)」と似たようなところにも生えていますが、茎の毛の様子や花弁の切れ込み方に違いがあります。

サワハコベの場合は、5つの花弁の先があまり深く切れ込まず、ちゃんと5つに見えます。そして、茎は無毛です。ミヤマハコベの方は5つの花弁が深く切れ込んで、まるで花弁が10枚あるようにみえます。そして、茎には2列に毛が並んで生えています。葉の色もサワハコベは濃いめ、ミヤマハコベは薄め。黄緑色で、冬の「ウシハコベ (Stellaria aquatica
)」を彷彿とさせる。でも、ウシハコベは雌しべの柱頭が5つ。全体にもっと大きいのです。

ミヤマハコベ Stellaria sessiliflora


黄緑色の葉は対生。幅の広い卵形で、長さは2cm前後。葉の裏の縁や脈上、柄の部分にはやっぱり毛があります。沢の近くだし、色は薄く瑞々しくやわらかそう。毛はかなり生えていますが軟毛です。西日本に生える「ヤマハコベ」の場合は「星状毛」が生えています。

花期は5月〜7月。茎の上部の葉の脇から細い花柄を出して、先に1つずつ花が咲きます。花柄やガクには長めの白い毛がたくさん生えています。低地〜山地に生えるハコベの中では、草丈のわりには大きめの花。直径は1.5cmくらいで、花弁が10枚に見えてそれなりに華やかです。花が終わると下を向いてしまい、ガク片の毛がよく目立ちます。

【和名】ミヤマハコベ [深山繁縷]
【学名】Stellaria sessiliflora
【科名】ナデシコ科 CARYOPHULLACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■当ブログ内関連記事
ウシハコベ
コハコベ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4172481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。