2005年06月07日

タニタデ

タニタデ Circaea erubescens


タニタデは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の湿り気の多い林内や沢沿いなどに生える多年草です。草丈は20cm〜50cm。葉柄や茎が赤っぽい。生長した個体ではしばしば節の周辺の赤みが強くなる傾向。

葉は対生。長さ5cm前後の先のとがった長卵形。縁には、ウネウネと波を打ったような不規則な感じの低いギザギザ(鋸歯)があります。葉柄は茎の上部で新しく出た葉は短いですが、下部の葉は長めの印象です。まだ若い苗のころの歯には赤褐色の模様が入っています。この模様のある葉が何なのかしばらくわからずに、数年過ぎたことがありました。

花期は7月〜9月。茎の先の総状花序にパラパラと小さな花が咲きます。下向きで淡い紅色〜白色。花弁の長さはガクの半分くらいの長さ。2枚の花弁の先は浅く3つに裂けます。図鑑では3つに裂けるとあるのですが、ちょっとギザギザとなって大きくわけると2つのこともあるような。2枚のガク片は淡い白緑色で後に反り返ります。雄しべは2本で、長く突き出します。

果実は長さ3mmくらいの小さなもの。こん棒のような形をしていて、カギ状の毛が密生しています。動物の体などにくっついて運ばれやすい果実になっています。中には種子が2つ。その果実がちらほら見え始めているころ、特に線香花火のようでかわいいもの。その果実はこの仲間の特徴で、より大型の「ウシタキソウ」、「ミズタマソウ」、小型の「ミヤマタニタデ」などがあります。

【和名】タニタデ [谷蓼]
【学名】Circaea erubescens
【科名】アカバナ科 ONAGRACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。