2005年06月07日

オオヤマフスマ

オオヤマフスマ Moehringia lateriflora


オオヤマフスマは、北海道、本州、四国、九州の山地の草原や林道脇の草地などに見られる多年草です。草丈は5cm〜20cm。しばしば少しだけ分枝し、ヒョロヒョロと線の細い印象。茎には細かい毛が密生しています。

葉は2枚対生。葉柄はなく茎をはさんで、2枚が向き合っていますが、茎を抱きこむというほどではありません。長さ1.5cm〜2.5cmくらいの長楕円形、先は丸っこい。中央部に入る主脈が目立ち、表裏ともに細かい毛があります。

花は、集散花序に数個まばらにつきますが、花序の出方がちょっと変わっている。花序は茎の先端ではなく茎の上部の葉腋から出ますが、片方にだけヒョロっと出てきます。

オオヤマフスマ Moehringia lateriflora


花期は6月〜8月。直径1cmくらいの白色の5弁花。同じナデシコ科でも、ハコベ属の花弁は先が細くて2つに裂けていることが多いですが、オオヤマフスマの花弁は先が丸く、切れ込みもありません。オオヤマフスマは、「オオヤマフスマ属 (Moehringia)」に分類されています。属名の「Moehringia」はドイツ人の「Moehring」という人にささげたもので、この属に分類される植物の特徴をあらわすものではありません。一方、種小名の「lateriflora」には、「花の側生した」という意味があって、花序の出方からきているのではないでしょうか。

真っ白の花弁は上向きにパッと平開します。5つに裂けたガク片は花弁の長さに比べて短く、花弁の半分ほどの長さなので、花が開いているうちはあまり目立ちません。そのガクにも細かい毛が生えています。花の中央部には10本の雄しべと少し太めの花柱が3本あります。

写真の場所は、標高1000mをこえている。6月の第一週の撮影。開花まであと一週間くらいかな。

【和名】オオヤマフスマ [大山衾]
【別名】ヒメタガソデソウ
【学名】Moehringia lateriflora
【科名】ナデシコ科 CARYOPHYLLACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 17:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4193016

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。