2005年06月08日

フクオウソウ

フクオウソウ Prenanthes acerifolia


フクオウソウは、本州、四国、九州に分布し、山地の林内、林縁などに生育する多年草です。草丈は30cm〜1mくらい。フクオウソウという名前は、三重県の「福王山」からきているのだそうです。

茎や葉の裏面など、全体に腺毛が生え、しばしば、茎の基部からでた柄の先に「珠芽(むかご)」ができます。

上に伸びた茎につく「茎葉または(茎生葉)」はほとんどつかず、下の方に集まってつくか根元から出る「根生葉」です。長さは5cm〜10cmくらい、翼のある長めの柄があります。葉は3つ〜7つに切れ込みますが、切れ込みの度合いなどはいろいろと変異があります。アサガオのような形から、モミジのような形、ほとんど切れ込まない卵形などさまざまです。

葉の形は、ちょっとだけ「コウモリソウ属 (Cacalia)」の葉を思い起こさせますが、フクオウソウは「フクオウソウ属 (Prenanthes)」に分類されています。

フクオウソウ Prenanthes acerifolia


花期は8月〜9月。長く伸びた茎の円錐花序にたくさんつき、花は下向きに開きます。キク科の植物なので1つの「頭花」は多数の「小花」が集まってできています。フクオウソウの小花は、図鑑では「9個〜13個」となっています。その小花のうち、ふつう花びらに見えている「舌状花」は、なかなか渋い色です。白っぽいような紫色っぽいような色で、黒っぽい筋模様が入っています。「総苞」の部分は長さ1cm、ちょっとくすんだ感じの緑色、腺毛が生えています。頭花の直径は1.5cmくらい。

果実(そう果)の冠毛は剛毛です。

【和名】フクオウソウ [福王草]
【学名】Prenanthes acerifolia
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 15:40| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芽生え・幼植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フクオウソウ・・・えーとどこかで・・・とオボロな記憶をたどってみたら、去年の夏、奥多摩の御岳山に行ったときに見てました。
http://www.nekobiyori.com/hana/040808/hanabiyori.html

そのとき、タニタデも見てたんですが、すっかり記憶の底に。(^^;)
Posted by waiwai at 2005年06月08日 21:55
フクオウソウ、あのネトネトと、切ったら出る白い乳液がなければ、もう完璧に素晴らしいんですが。。。

ムカゴの存在初めて知りました。
探してみます。

Posted by ごまのはぐさ at 2005年06月09日 02:01
*waiwaiさん*

うわ〜。気持ちよさそう。御岳山の大滝。マイナスイオンたっぷり浴びれそうな雰囲気ですね。前年の大岳山あたり、ちょっと一人だと怖そうだけど、奥深い感じが別世界のようでいいと思います!フクオウソウやタニタデは大量に見られそうですね。地味ですけど、ぜひ、記憶の底から呼び起こしてくださ〜い。
Posted by hanaboro at 2005年06月09日 10:41
*ごまのはぐささん*

そうそう。乳液出ちゃうのって、やっぱりうげげぇ〜です。結構、ムカゴって意外な植物にもできるんですね〜。

フクオウソウ、図鑑で見ていたうちは、もっとこじんまりとした「エンシュウハグマ」くらいのものをイメージしてました。実物を見たときはこんなにでっかくなるなんて〜って驚きました。でも鹿がたくさんいるような山だと、フクオウソウもちっちゃい葉っぱしかなかったりして、乳液は鹿には関係ないのかな。
Posted by hanaboro at 2005年06月09日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。