2004年08月07日

ムクゲ

ムクゲ Hibiscus syriacus


ムクゲは、中国原産の落葉低木で、公園や庭、高速道路にも植えられています。韓国の国花としても知られています。高さは2m〜4m。アオイ科ハイビスカス属の植物で、同じ属の「フヨウ (Hibiscus mutabilis)」がこんもりとした樹形になるのに対して、ムクゲはやや茎の1本1本が細長く縦に伸びています。枝は灰白色で、若い枝には白っぽい星状毛があります。

葉は互生。長さ5cm〜10cm、輪郭は卵形〜ひし形に近い形で、浅く3裂しますが、ほとんど裂けないこともあります。縁には鈍いギザギザ(鋸歯)があり、フヨウよりも細身で小さめです。葉柄は1cmに満たない程度から長いものでは3cmくらいです。

ムクゲ Hibiscus syriacus


花期は7月〜10月。枝先の葉腋に直径5cm〜10cmの花をつけます。花弁は5枚。花の中心部はしばしば濃い紅色を帯びています。多数の雄しべがくっついて(合着して)筒状になり、「葯」がたくさん連なって見え、その筒は雌しべを取り囲んでいます。雌しべはその筒の先端から突き出ています。花色は、紅紫色、薄紫色、白色など。白い花弁に中心が赤い品種、「日の丸」などの一重咲きのほか八重咲きの品種もたくさんあります。花はフヨウよりやや小さめです。八重咲きのタイプは、雄しべが花弁化しています。

果実は2cmほどの先のとがった卵形で、熟すと5つに裂開します。秋も深まったころ、カラカラに乾燥して先が開くと、中には長さ5mmくらいの平べったい腎形の種子がたくさん入っています。種子の色は褐色、縁には淡い褐色の毛が密生しています。とても不思議な形状の種子です。

冬芽は枝先に小さなこぶのような状態でついています。白っぽい星状毛におおわれていますが、芽を包む「芽鱗」のない「裸芽」です。

一番上の写真は、八重咲き品種の花がしぼんだ様子。花は早朝に開いて、夕方にはしぼむ一日花なので、これは前日、咲いたものなのでしょう。

【和名】ムクゲ [木槿]
【別名】ハチス、キハチス
【学名】Hibiscus syriacus
【科名】アオイ科 MALVACEAE
【撮影日】2004/08/02
【撮影地】東京都調布市

■当ブログ内関連記事
フヨウ
ハイビスカス

posted by hanaboro at 17:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。