2004年08月10日

オオバノトンボソウ

オオバノトンボソウ Platanthera minor


オオバノトンボソウは、本州、四国、九州の丘陵の林内などに生育する多年草です。花時期には花茎が伸びてきて、草丈は30cm〜50cmほどになります。

花期は6月〜7月。距は長さ1.2cm〜1.5cm。果実となる子房の部分よりも長く下に垂れ下がります。といっても、距はすでに茶色くなっていますけど。緑色に膨らんできているのは子房の部分で、若い果実になっています。後ろに反り返っていた「唇弁」は距よりもずっと短くて、今は距より黒っぽくなっています。かろうじて、小さい兜状に重なった「背ガク片」と2枚の「側花弁」の残骸も残ってはいます。茎の翼状の稜は健在です。

花茎が伸び始めてから、開花は今か今かと待っていたら、いつの間にか咲いて、あっという間に花は終了してしまいました。その間には一応、梅雨の時期もあり、泥が跳ねて汚れてしまった蕾もあったなああ、となんだか感慨深げ。7月はじめに花は何とか見ることができたのでまあ、いいのですが、写真はいまひとつうまくいかなかったので、また来年まで待つことになりました。

【和名】オオバノトンボソウ [大葉の蜻蛉草]
【別名】ノヤマトンボ、ノヤマノトンボソウ
【学名】Platanthera minor
【科名】ラン科 ORCHIDACEAE
【撮影日】2004/07/25
【撮影地】東京都八王子市

■当ブログ内関連記事
オオバノトンボソウ(No.2)

posted by hanaboro at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヤマネの通り道 夏 オオバノトンボソウ かな
Excerpt: 図鑑を見ると、分布・個体数とも多いようなイメージを受けますが、それほど多くは目にしません。特に開花個体となると少ない。春に葉を展開している個体を10みつけたら、開花に至るのが2ぐらいでしょうか?いつも..
Weblog: ひたきのつぶやき
Tracked: 2005-08-02 14:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。