2005年06月27日

オオバアサガラ

オオバアサガラ Pterostyrax hispida


オオバアサガラは、本州、四国、九州に分布し、山地の沢沿いに生育する落葉低木です。エゴノキ科アサガラ属の植物で、高さは10m前後までなります。枝は薄い茶色で柔らかく、材質ももろくて簡単に折れてしまいます。そのため耐久性の必要なものには用いられないとか。しかし、皮をはぐと美しいところから、飾りものなどに利用されています。名前は、皮をむいて乾かしたアサの茎、「麻殻」にたとえてつけられたそうです。

葉は互生。幅の広い楕円形〜よく均整の取れた形です。長さは10cm内外。先端は細長くのびます。縁には低くて細かいギザギザ(鋸歯)があります。花の咲くころの葉は、表面は若々しい緑色で、光沢があり、遠めにも艶やかに光っています。裏面は白っぽく、脈上には長めの毛がたくさん生えています。網目のように細かく入った葉脈は葉の裏面に隆起してよく目だっています。

オオバアサガラ Pterostyrax hispida


花期は6月。枝先から出て垂れ下がる花序にたくさんの白い花をつけます。長さ7mm程度の花冠は5つに深く裂けます。その裂片は細長く線形で雄しべや雌しべより少し短めです。雄しべは10本。雌しべは1本、雄しべよりも雌しべの方がほんの少しだけ長くなっています。ガクはやや細長い釣鐘型で、先の方は5つに浅めに裂けます。

たわわにぶら下がった白い花房の揺れる様子は、とてもさわやかな印象です。ただし、山中に生え、ちょうど花期が梅雨時に重なるため、同じ科の「エゴノキ (Styrax Japonicus)」や「ハクウンボク (Styrax obassia)」の花ほどは、馴染みがないかもしれないですが、梅雨の晴れ間にはぜひ見ておきたい花の1つ。白い小さなが刷毛がブドウの房のようにぶら下がっているのは見ものです。

果実には10個の隆起した部分があって、長さは7mmくらい、熟すのは秋。西日本に分布するよく似た「アサガラ (Pterostyrax corymbosa)」とは、葉が大きい点ともう1つ果実には長い毛が密生するところなどで区別されます。

【和名】オオバアサガラ [大葉麻殻]
【学名】Pterostyrax hispida
【科名】エゴノキ科 STYRACACEAE
【撮影日】2005/06/12
【撮影地】神奈川県津久井町

■当ブログ内関連記事
ベニバナエゴノキ
ハクウンボク

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。