2005年06月27日

マツカゼソウ

マツカゼソウ Boenninghausenia albiflora var. japonica


マツカゼソウは、本州、四国、九州に分布し、山地の林内、林縁などに生育する多年草です。しばしば林内で群生します。ミカン科マツカゼソウ属の草本で、葉には「油点」を持ち、独特のにおいがします。草丈は50cm〜80cm。名前は、一説によると、その姿がやさしくさわやかで、趣のあるところから「松風草」とつけられているとか。他にも諸説あるようですが。

葉は3回3出羽状複葉。1つ1つの小さな葉(小葉)は、卵を逆さにしたような形(倒卵形)、長さは1cmほど。ただし、小葉の大きさはいろいろだったりします。だいたいは、付け根の小葉からてっぺんの小葉(頂小葉)へと順に大きくなっていく感じで、頂小葉が一番大きい。小葉は葉の先端に向かって広がるようにつき、質は薄く柔らかいので、ふわ〜っと羽を広げたような印象になります。鋸歯はありませんが、先端が少しだけくぼんでいます。

まったく別の植物ですが、雰囲気はキンポウゲ科の「カラマツソウ」の仲間に似ているかもしれません。でも、葉の質や小葉のつき方、色合いなどマツカゼソウ特有の雰囲気を持っているので、一度、その葉を覚えると、葉だけでもそれとわかりやすいと思います。小葉の付け根は黄緑色っぽく、先の方は青っぽい緑色。葉の裏は白っぽく、油点がポツポツとあります。

葉や茎はふつう無毛。若い枝や若葉に毛があるタイプは、「ケマツカゼソウ (Boenninghausenia albiflora var. albiflora)」といって、中国〜ヒマラヤに分布するとされています。

花期は8月〜10月。枝先の「集散花序」に小さな花を多数パラパラとつけます。花は白色の4弁花。花弁は長い楕円形で、長さ4mmくらい。雄しべは7本〜8本あって、先端の「葯」は黄色、花弁より長く突き出しています。雌しべの形がとても変わっていて、子房には柄があります。子房は緑色で、さらにその先端には細長くて白い花柱がのびています。花が終わりに近づくとより目立つようになります。

果実は長さ3mm程度の4つに分かれた果実、「4分果」です。形は卵形、表面にはツブツブがあります。種子は1つの分果に数個できます。

【和名】マツカゼソウ [松風草]
【学名】Boenninghausenia albiflora var. japonica
【科名】ミカン科 RUTACEAE
【撮影日】2005/06/12
【撮影地】神奈川県津久井町

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 21:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。