2005年06月28日

キキョウソウ

キキョウソウ Triodanis perfoliata


キキョウソウは、北アメリカ原産の一年草です。草丈は30cm〜60cmくらい。もともとは観賞用に栽培されていたものが野生化し、それが日本で最初に確認されたのは、1940年代の東京でのことだそうです。現在では本州のかなり広い地域、特に西日本に多いとか。筆者の近辺、多摩の丘陵地でもしばしば道ばたなどで見られます。キキョウ科キキョウソウ属の植物で、「キキョウ」とは科は同じですが別属。

茎はまっすぐに伸び、根もとの方で少し分岐します。茎には角ばった「稜(りょう)」があって、その稜にそって毛が生えています。葉は互生。葉柄がなく茎を巻き込むような形でついています。ハート型の葉の縁にはギザギザ(鋸歯)があります。長さは1cm程度。ふつう、葉の表面には毛がないですが、縁や裏面にはたくさんの細かい毛が生えています。

キキョウソウ Triodanis perfoliataキキョウソウ Triodanis perfoliata


花期は5月〜7月。葉の脇(葉腋)に数個の花を咲かせます。花柄はほとんどありません。花冠は5つに深く裂け、整った星型。花色は紫系で、白色〜紅紫色、濃い紫色など鮮やかな色です。直径は1.5cmほど、雄しべは5本、開放花のガク片は5つ。花の中央にある雌しべは1本、花柱の先は3つに裂けます。

キキョウソウは、さらに、ふつうに開花する開放花のほかに、開花せずに同花受粉によって結実する「閉鎖花」もつけます。閉鎖花のガク片は3つ、開放花のガク片よりは短く小さめ。果実の時期までガク片は残っているので、果実(さく果)を見たときにガク片の大きさと枚数が違いによって、開放花による果実なのか、閉鎖花による果実なのか見当をつけることができます。茎の下部の方の花は「閉鎖花」、通常の開放花がつくのはやや茎の上部の方から。

果実は熟すと横に穴が開いているのが見られます。その穴には上にクルリと巻き上げるようなふたがついていて、ふたが巻き上がるとその穴から種子がポロポロこぼれてきます。種子は直径1mmに満たないような小さなものですが、しばしば、葉の付け根のあたりにたまっているのが見られます。

【和名】キキョウソウ [桔梗草]
【別名】ダンダンギキョウ
【学名】Triodanis perfoliata
【科名】キキョウ科 CAMPANULACEAE
【撮影日】2005/06/28
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 帰化植物

posted by hanaboro at 17:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。