2005年06月28日

クマイチゴ

クマイチゴ Rubus crataegifolius


クマイチゴは、日本国内では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の開けた場所や林縁部などに生える落葉低木です。日本以外にも中国や朝鮮半島に分布しています。バラ科キイチゴ属の植物で、同じ属の仲間は日本に50種類ほど知られています。中でもクマイチゴは大柄に見えます。高さは1m〜2m程度、トゲがたくさんあります。トゲは平たくて、枝から垂直に出ているので、知らずに近寄ると大変です。

葉は長さ5cm〜15cm、幅も同じくらいで広め、3つ〜5つに中裂。つまり、葉の幅の中間ぐらい間での切れ込みで、深くもなく浅くもなくという感じで裂けます。ただし、ほとんど裂けなかったり、浅く裂けたりいろいろです。縁のギザギザ(鋸歯)はやや不規則な「重鋸歯」。ギザギザにさらに細かいギザギザが入ります。裏面の脈や葉柄にもトゲがあります。葉の先や裂片の先は細くとがることもあれば、丸みを帯びていることもあります。葉柄は5cm内外。

クマイチゴ Rubus crataegifolius


花期は5月〜7月。花がつくのは越冬した冬芽から伸びてきた新しい「本年枝」。その短い枝に数個つきます。花は白色の5弁花。花弁は細長く、ヒラヒラとしてちょっと控えめ。5つのガク片の方がシャープでしっかりして見えます。一番上の写真ではすでに花弁は脱落してしまっています。後ろ側に反り返っているのがガク片です。本年枝や葉柄などは紫褐色。果実は直径1cmくらい。7月〜8月には赤く熟し、食用になります。

【和名】クマイチゴ [熊苺]
【別名】エゾノクマイチゴ
【学名】Rubus crataegifolius
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/06/05
【撮影地】山梨県塩山市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 21:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

実の画像も花の画像もない・・・
でもクマイチゴの特徴がよーく分かりますね。
hanaboroさんのおかげで「草オタ」の私も
ちょっと樹木についても分かってきました。
ほんとちょっとですが(^^ゞ。
Posted by ごまのはぐさ at 2005年06月28日 23:14
*ごまのはぐささん*

よかった〜。このブログの記事は、いつも文章と画像があっていないから、とってもわかりにくいものだと思います。でも、よーくわかるっておっしゃっていただけて、やっぱりうれしいです。

樹木についても中途半端なもので、恥ずかしいです。ごまのはぐささんのような草オタになりたいです。それにはもっと、フィールドに出ないとなぁ。でも、暑すぎる〜。
Posted by hanaboro at 2005年06月29日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4698182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。