2005年06月29日

ホソバノキリンソウ

ホソバノキリンソウ Phedimus aizoon var. aizoon


ホソバノキリンソウは、北海道、本州中部以北の山地の草原や林内などに生育する多年草です。日本以外にも朝鮮半島やシベリアなどに分布しています。草丈は30cm〜50cmくらい。

ベンケイソウ科Phedimus属に分類されていますが、以前はマンネングサ属(Sedum)に分類されていました。一般的な図鑑では、Sedum属になっているのではないでしょうか。「Sedum属」をこれまで、「キリンソウ属」と表記されていたことも多かったと思いますが、Sedum属は「マンネングサ属」といった方が無難なのかもしれません。

肥大した太い地下茎から出てくる茎は、1本〜数本でまっすぐに伸び、ふつうは基部ではほとんど分岐しません。「キリンソウ (Phedimus aizoon var. floribundus)」とよく似ています。開花中なら雄しべの長さを見れば区別できるのですが、葉だけではなかなか大変です。キリンソウの場合は、茎が数本株立ちになり、しばしば基部で分岐して斜上します。葉は倒卵形、先にはやや丸みがあります。鋸歯はあまり鋭くなくそろった感じで少なめ。

葉は互生し、多肉質。全体に水分が多く厚ぼったい感じがします。基本的には全体緑色ですが、茎や葉の付け根のあたりはやや赤茶色を帯びることがあります。さらに上部の葉の表面の色はやや薄め。葉は倒披針形〜幅の狭い長楕円形、長さは3cm〜8cm。先は少しとがり気味。先がややシャープな鋸歯はちょっとふぞろいで多め。

ただし、葉の先が丸いか鋭いか、鋸歯の入り方にはかなり変異が多くて、また生育時期によっても変わります。同じ個体でも下部の方の葉は先が丸くて、鋸歯が先端や基部まで入っていないことがあったり、逆に花の近くの葉でも先が丸くて鋸歯が鈍いこともあって、なかなか難しいところがあります。

ホソバノキリンソウ Phedimus aizoon var. aizoon


花期は6月〜8月。茎の先の集散花序にたくさんの花をつけます。キリンソウよりは花が密につきます。花は黄色の5弁花、直径は1cm内外。長さ5mm程度の先のとがった披針形の花弁が5つで、シャープな星型なります。雄しべは10本。花弁よりはかなり短くなっています。キリンソウの場合も雄しべは花弁より短いですが、ホソバノキリンソウよりは長めです。

ガク片は5つ。花の中央には雌しべも5つ。膨らんだ「子房」が目立ちます。この部分は後に果実になります。果実は「袋果」で5つ、斜めに開くようにつきます。花は「5」が基本の5数性なので、花も果実のできた様子も星型に見えます。

【和名】ホソバノキリンソウ [細葉の麒麟草、細葉の黄輪草]
【学名】Phedimus aizoon var. aizoon (Sedum aizoon var. aizoon)
【科名】ベンケイソウ科 CRASSULACEAE
【撮影日】2004/07/04
【撮影地】山梨県牧丘町

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4720758

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。