2005年06月29日

バイカウツギ

バイカウツギ Philadelphus satsumi


バイカウツギは、本州、四国、九州に分布し、山地に生える落葉低木です。高さは2m程度で、二又状になってよく枝分かれします。樹形は株立ち状。樹皮は灰褐色で、縦にボロボロとはがれます。若い枝は赤褐色で白っぽい毛がわずかにあります。

ウツギという名前がついて、同じころ同じように白い花を咲かせる「ウツギ」、「ヒメウツギ」、「マルバウツギ」と科は同じですが、属は違います。ウツギなどはウツギ属(Deutzia)ですが、バイカウツギはバイカウツギ属(Philadelphus)です。

葉は対生。少し幅が広めの卵形。先は細長くとがります。長さは5cm〜10cm。裏面はちょっと白っぽい。縁のギザギザ(鋸歯)は低いものですが、先が突起のようになっていて、葉の縁からツンツン突き出ています。鋸歯も独特ですが、葉脈の入り方も特徴的。葉の中央を走る主脈のほかに、それをはさんで左右に1本〜2本の長い脈があります。葉柄は5mmくらいの比較的短いもの。

バイカウツギ Philadelphus satsumi


花期は6月。枝先に数個つきます。直径3cmくらいの白色の4弁花。ウツギ属だと花弁は5枚です。バイカウツギは4弁花ですが、「梅」に似ているということから「梅花空木」という名前がついているそうです。花時期に葉もあるし、似ているという感じはあまりしないのですが、ウツギなどに比べると花が大きくてやや平開気味に咲くからでしょうかね。

【和名】バイカウツギ [梅花空木]
【別名】サツマウツギ
【学名】Philadelphus satsumi
【科名】ユキノシタ科 SAXIFRAGACEAE (アジサイ科 HYDRANGEACEAE)
【撮影日】2005/05/29、2004/07/04
【撮影地】神奈川県藤野町、山梨県牧丘町

■当ブログ内関連記事
ウツギ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 21:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4725171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。