2005年07月01日

ヤエドクダミ

ヤエドクダミ Houttuynia cordata f. plenaヤエドクダミ Houttuynia cordata f. plena


ヤエドクダミは、ドクダミ科ドクダミ属の植物で、「ドクダミ」の品種です。ドクダミは、本州、四国、九州、沖縄に分布し、山野のあまり日当たりのよくないところに多く生える多年草です。日当たりのいい場所でも見られ、そちらの方が花つきはよさそうな気がします。地下茎を横にのばして増えるので、しばしば大群落になっています。草丈は15cm〜50cm。茎や葉は暗紫褐色を帯びています。全体に独特のにおいがあることや、名前や生えている場所などのイメージも、いまひとつよくないドクダミ。それでも、花の最盛期には多くの人々の関心を集めているようです。

花期は6月〜7月。茎の上部から1cm〜3cmの花穂をのばします。「ドクダミ」の花には花弁がありません。白くて花びらのように見えているのは、花弁ではなく「総苞片(そうほうへん)」と呼ばれるものです。つまり、葉の変形した「苞」です。それで、肝心の「花」は、中央で高く盛り上がった部分にたくさん集まってついています。

花弁はないので、1つ1つの花には、3つの部屋からなる「雌しべ」と3本の「雄しべ」しかありません。花弁やガク片のことを「花被(かひ)」というのですが、花被のない花のことを「無花被花」または、「裸花」といいます。ということで、ドクダミの花は無花被花です。他に、センリョウ科の「ヒトリシズカ」や「フタリシズカ」やトウダイグサ科、ヤナギ科の植物でも見られます。

八重咲きの花では、ふつう「雄しべ」や「雌しべ」が花弁化したものが幾重にも重なっていることが多いのですが、ヤエドクダミの場合は、白くて花弁のように見えているものは、雄しべや雌しべ由来ではないようです。その白い花弁状のものの間には、通常のドクダミの花が見えます。つまり、ヤエドクダミの八重になった花弁状のものも「苞」に当たるわけです。ふつうのドクダミが、棒状の花のかたまりの最下部にだけ、大きな4枚の総苞片をつけるのに対して、ヤエドクダミは花の塊の間にも白い花弁化した苞をつけているということだと思います。

こうしてみると、ヤエドクダミは八重咲きでも結実可能なように思えますが、いかがでしょうか。

ヤエドクダミ Houttuynia cordata f. plena


葉はハート型で先はほそくとがります。表面は濃い深緑。長さは5cm前後。ふつう縁や葉脈、あるいは表面に模様のように紫っぽくなっています。葉や茎の色合いは非常に奥深いものがあります。しかし、その反面、毒々しい印象もあるかもしれません。全草に整腸や利尿などの薬効があって、「十薬」とも呼ばれるドクダミ、どんな印象をもちますか。

【和名】ヤエドクダミ
【別名】ジュウヤク [十薬]←(ドクダミの別名)
【学名】Houttuynia cordata f. plena
【科名】ドクダミ科 SAURURACEAE
【撮影日】2005/06/18
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 18:49| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドクダミ茶、我が家でもほぼ毎日飲んでいますよ(*^-^*)

パックに入ったものをスーパーで購入していましたが、今年は自分で作ろうかと考えています。
Posted by 知三朗 at 2005年07月02日 10:43
*知三朗さん*

ドクダミ茶。わたしも結構好きです。夏ばてにも効くでしょうかね。このところの暑さで、体温が37度をこえて、慢性的に微熱状態です。熱中症になりかけ?なのかもしれませんです。

とりあえず、スーパーのパック入り、買ってこようかと。知三朗さんはぜひ自家製にチャレンジしてみてくださいね。きっと、新鮮で風味が違うんでしょうね。
Posted by hanaboro at 2005年07月02日 10:59
hanaboroさん、コメントありがとうございました。
おかげで、ハードディスクの迷宮に埋もれていた写真を掘り出すことができました。(^^)
ドクダミは好きな花の一つですが、葉も改めて見ると、なかなか味わい深いですね。
Posted by waiwai at 2005年07月02日 21:00
*waiwaiさん*

こちらこそ、ありがとうございます!
同じく迷宮入りの写真、発掘できそうです。いずれ、何かをアップしてみようかなあと。東大和市なんですね。今後、昨年の日付で撮影地がそうなっている記事は、その場所のものです。このブログにはまだ1つも登場してなかったかな。

ドクダミ、下の方の葉っぱはもっと全体が濃い紫茶色というか、奥深〜い色に染まっていることもありますよね〜。その深い葉の色によって、なお一層、白い苞が引き立つのかもしれませんね。
Posted by hanaboro at 2005年07月02日 21:25
お久しぶりです♪
八重のドクダミと、ゴシキドクダミの話題が、『フォト日和』というブログでちょっと前に話題になってました。
私も自宅を探してみましたが、かろうじて花弁が五枚のドクダミを見つけただけで終わってしまいまして・・・^^;
Posted by 実桜 at 2005年07月03日 19:49
*実桜さん*

こちらこそ、すっかりご無沙汰しております。
りおさんのところ、いつも植物や写真好きのみなさんで、わいわい盛り上がっていますよね〜。本当、素敵ですよね。

実桜さんのお宅の「ドクダミ」。総苞片が5つのものはあったんだぁ。今年は終了したご様子。また、来年までのお楽しみですね。
Posted by hanaboro at 2005年07月04日 10:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4766435

この記事へのトラックバック

思い出した! ヤエドクダミ
Excerpt: ヤエドクダミ ドクダミ科 '03/05/25 東京都東大和市 薬用植物
Weblog: ネコな日々
Tracked: 2005-07-02 11:54

ドクダミ茶
Excerpt: 最近、ドクダミ茶にはまっている。 自宅の庭に生えていたドクダミの花が満開で、いい頃合いだったので乾燥させた。 はじめ、いろんな本を読んでドクダミ茶の作り方を調べたのだが、あまり詳しく載ってなかった。..
Weblog: 晴れた日には自転車で
Tracked: 2006-06-04 21:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。