2005年07月04日

トサミズキ

トサミズキ Corylopsis spicata


トサミズキは、四国高知県の一部、蛇紋岩地や石灰岩地に生育する落葉低木です。春を告げる花の1つとして人気が高く、庭木や盆栽としてよく植えられています。高さは3m前後。樹形は株立ち状、写真の個体では細かい枝があまり出ていなくてよくわかりませんが、ふつうは枝はジグザグ状にまがります。樹皮は灰褐色で滑らかなもの。

葉は互生。卵を逆さにしたような幅の広い卵形。先端は少しとがる感じがあります。付け根の方はやや浅めに湾入した心形。葉の長さは5cm〜10cmくらいです。マンサク科の植物だけあって、葉脈が深く刻まれてよく目立ちます。質は分厚くて時期がたつにつれて、しっかりした感じになってきます。縁の鋸歯は波を打つような状態で、鋭いものではないのですが、先端はごく小さな突起状で縁からプツプツ突き出しているような感じです。さらに葉柄や裏面には毛が多く、それが光に照らされると白くて美しかったりします。

トサミズキ Corylopsis spicata


開花しているときには、よく似た「ヒュウガミズキ (Corylopsis pauciflora)」とは1つの花序につく花数の多いことと「ガク片」や「花軸」に毛が多いなどで区別できます。トサミズキだと1つの花序に7個〜10個、ヒュウガミズキだと1個〜3個です。写真は6月半ばの撮影ですので、花はとっくにありませんでした。しかし、すっかり、広がった葉の緑陰には、まだ熟す前の若い果実が見られます。花弁はなくなっていますが、ガク片はこの時点ではまだ残っています。この時期になっても、花柄だった部分には毛があって、果実も5つできていました。

花期は3月〜4月。葉が展開するよりも先に、穂状花序を下向きに垂らします。色は早春の花らしい淡い黄色。5枚の花弁はヘラ形、5本の雄しべはふつう花弁より短くて、中をのぞくと、先端の紅色の「葯」が目に入ってきます。花柱は2本あります。

果実は直径1cm程度の「さく果」で、毛が多く、熟すと2つに裂けます。中には黒い種子ができます。果実をよくみると、ツンツンと突き出ているものが見えるのですが、それは雌しべの花柱だった部分です。熟すのは秋。

【和名】トサミズキ [土佐水木]
【学名】Corylopsis spicata
【科名】マンサク科 HAMAMELIDACEAE
【撮影日】2005/06/18
【撮影地】東京都日野市

■当ブログ内関連記事
ヒュウガミズキ

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 11:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4767720

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。