2005年07月17日

ウツボグサ

ウツボグサ Prunella vulgaris subsp. asiatica


ウツボグサは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の草地や田のあぜ、道ばたなど日当たりのよい場所に生育する多年草です。草丈は10cm〜30cm。ふつう、地面をはうように伸びる短い「走出枝(ランナー)」を出します。

葉は対生。長さ2cm〜5cmの「披針形」。披針形というのは、先がとがって付け根の方はとがらず、一番幅が広くなる部分が葉の中間より下の部分にある形です。縁の鋸歯(ギザギザ)は、ごく低いものが少しありますが、ほとんど目立たないものです。葉柄は1cm〜3cm。茎や葉柄に毛があります。

ウツボグサ Prunella vulgaris subsp. asiatica


花期は6月〜8月。茎の先の花穂に「唇形花」をたくさんつけます。花穂の長さは3cm〜8cm。花は下から上へと咲き進みます。名前は、この太い花穂の形を弓矢を入れる「靫」に見立てたものだそうです。花冠は紫色で、長さ1.5cm〜2cm。上唇は兜のような形で、下唇は3つにさけた真ん中の裂片が大きくて縁はフリル状に細かくさけてヒラヒラ。

花穂のあたりは何だか白くて長い毛が目立つのですが、そこには苞やガクがあって毛がたくさん生えています。苞はちょっといびつな形の心形で、毛はその縁にあります。ガクの方は上下2つにさける「二唇形」で、上唇は3つに浅く切れ込んで、下唇は2つに裂けます。花が終了すると、このガクは先が閉じてしまいます。一番上の写真だと、先が開いた状態のまま果実が成熟しているのか、中の4つの「分果」が見えます。

花がすっかり終わっても、黒くなった花穂がずっと残っている姿から、「夏枯草」の別名もあるとか。

【和名】ウツボグサ [靫草]
【別名】カコソウ [夏枯草]
【学名】Prunella vulgaris subsp. asiatica
【科名】シソ科 LABIATAE (LAMIACEAE)
【撮影日】2005/07/05
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 07:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。