2005年07月08日

ナツツバキ

ナツツバキ Stewartia pseudocamellia


ナツツバキは、本州の東北南部以西、四国、九州に分布し、山地に生える落葉高木です。庭や公園などによく植栽されています。ツバキ科ナツツバキ属の植物で、同属には「ヒメシャラ (Stewartia monadelpha)」や「ヒコサンヒメシャラ (Stewartia serrata)」などがあります。幹は直立し、高さは10m〜20mにもなります。

樹皮は非常に特徴的で、うすくはがれて、茶色や灰色などの斑模様になります。その様子は、「リョウブ」や「サルスベリ」に似たところがあります。

ナツツバキ Stewartia pseudocamellia
まだ若い木の樹皮

葉は互生。倒卵形で裏面には細かい毛があります。長さは5cm〜10cmほど。縁のギザギザ(鋸歯)は低く、遠めには全縁のように見えてしまうかも。そのかわり、葉脈はしっかりと目立ちます。裏面に向かってくぼんでいるので、主要な脈が刻まれてように入っています。「ヒメシャラ」に比べるとしっかりめの葉脈、大きさもナツツバキの方が大きめです。

ナツツバキ Stewartia pseudocamellia
若い果実

花期は6月〜7月。花は「葉腋」につきます。直径5cm程度の白色の5弁花。花弁の縁には細かい切れ込みがあります。花の下の方には2枚の「苞」があるのですが、これがガク片よりも短いのが「ナツツバキ」。苞がガク片よりも長いのは「ヒメシャラ」。「ヒコサンヒメシャラ」だとほぼ同じ長さなのだそうです。果実は「さく果」で、先のとがった卵形です。長さは1.5cm〜2cmほど、熟すと5つに裂けます。

ナツツバキは、「シャラノキ(沙羅の木)」と呼ばれることもありますが、仏教で登場する「沙羅樹」はフタバガキ科の植物なので、まったくの別種です。

学名の「Stewartia」は、ナツツバキ属の属名で、イギリス人の「J.Stewart」という人の名前にちなんでいるそうで、種小名の「pseudocamellia」には、「pseudo偽の+camelliaツバキ属」という意味があります。花の形はツバキによく似ていますが、別属です。ツバキの葉は光沢がありかたくて常緑ですが、ナツツバキの葉は柔らかく冬には落葉します。冬芽は平べったい紡錘形、数枚の「芽鱗」がありますが脱落しやすくて、「裸芽」のようにも見えます。

【和名】ナツツバキ [夏椿]
【別名】シャラノキ [沙羅の木]
【学名】Stewartia pseudocamellia
【科名】ツバキ科 THEACEAE
【撮影日】2005/07/08
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 15:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。