2005年07月08日

テッポウユリ

テッポウユリ Lilium longiflorum


テッポウユリは、種子島、屋久島、沖縄に分布し、海岸の崖などに生育する多年草です。草丈は50cm〜1m。茎はオニユリのような毛はなく、無毛。地下の「鱗茎」は、直径5cm〜6cm。広く栽培され、多数の園芸品種があります。そのため園芸植物としてのイメージが強いのですが、もともとは、日本の南の島に自生する野生のユリです。また、切花としてよく利用される「シンテッポウユリ」というのは、この「テッポウユリ」と、発芽から開花までに時間のかからない「タカサゴユリ」の交配によってできた品種なのだそうです。

葉は細長い披針形で、長さは15cm前後、幅は1.5cmくらいです。質は厚め。「ササユリ」や「ヒメサユリ」には柄がありますが、テッポウユリには葉柄はありません。両面ともに毛はなく、表面には光沢があります。

テッポウユリ Lilium longiflorum


花期は4月〜6月。茎の先に2〜3輪咲きます。蕾の間は下向きにカクッと折れ曲がっている感じが強いのですが、花はほぼ横向きに開きます。花筒の長〜い白色のラッパ形で、芳香があります。正確には、「ユリ形花冠」。長さは10cm〜15cmくらい。同形同質の「花被片」が6枚あって、1つ1つの花被片は、倒披針形。開いた先の方は外側に反り返ります。雄しべは6本、雌しべは雄しべよりも長く突き出しています。先のふくらんだ部分は「柱頭」。ちなみに、種小名の「longiflorum」には、「長い花の」という意味があります。

花の最盛期には長い花筒に包まれていてよくわかりませんが、花が終わって花被片がすっかり散ってしまうと、長い雌しべと、その付け根の方の太い部分が残ります。太い部分は「子房」です。花被片はその子房よりもより下の部分についていたことがわかります。つまり、「子房上位」だったことがわかります。この後、果実となる子房だけを残し、雌しべの花柱は脱落してしまいます。

【和名】テッポウユリ [鉄砲百合]
【英名】Easter Lily
【学名】Lilium longiflorum
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2005/07/07
【撮影地】東京都日野市(植栽)

■当ブログ内関連記事
ヤマユリ

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 18:49| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hanaboroさま。はじめまして、風花と申します。
ある花(葉っぱ)の名をネット検索していて辿り着きました。
結局、名は判明せずそのままですが・・・

とても膨大なデーターを綺麗に整理されていますね。素晴らしいです。

数ヶ月前に「ミックスガーデン(ブルー系種)」をプランターに蒔きましたら、色々な芽が出てきました。昨日は矢車草が開き、健気な姿が可愛くてなりません。
実は、その中の「ある葉っぱ」が謎なのです。
突然ですがで申し訳ないのですが、hanaboroさんはご存知ありませんか?
一番元気で、大きく肉厚な葉と茎の「彼?彼女?」は何という名前なのでしょうか。

(参照)ブログに載せています。
http://kazegafukutoki.blog9.fc2.com/blog-entry-58.html

もし、ご存知ならばお教え願えませんか。
リンクさせていただきます。
Posted by 風花 at 2005年07月09日 09:23
*風花さん*

ご訪問&リンクなどいろいろ、ありがとうございます!

風花さんのところのお写真の「大きく肉厚な葉と茎」の植物。自分なりに調べてはみたのですが、よくわかりませんです。同じように栽培されている方のサイトさんか、「園芸ナビ」さんの植物Q&A掲示板でご質問されるとよいかもしれません。

「ブルーガーデン」実際に栽培された方のサイトですが、↓
ttp://f40.aaa.livedoor.jp/~naoko/mix.html

こちらに風花さんのお写真の葉と似たような葉が写っていましたよ。名前は書かれて内容でしたが。

他には↓
ttp://plaza.rakuten.co.jp/sunnysideup01/
こちらのサイトさんも育てておられるようです。

どちらも直接の知り合いのサイトさんではないもので、直リンクは避けています。お手数おかけしますが、お尋ねになってみてはいかがでしょうか。

本当、お力になれず申しわけないです。
Posted by hanaboro at 2005年07月09日 13:45
お花が開くのを楽しみにして待ってみます。
突然の質問、失礼いたしました・・・
どうもありがとうございました。
Posted by 風花 at 2005年07月09日 23:03
*風花さん*

ミックス種。何が咲くのか、それが楽しみで毎年のように播く方もあるとか。風花さんのところの謎の植物、花が咲くの楽しみですね。わたしもその葉が何なのか気になるぅ〜。気をつけておきたいと思います。もし、わかったらお知らせにあがらせていただきたいです。

こんな感じで、頼りにならないブログ&管理人ですが、今後ともよろしくです。
Posted by hanaboro at 2005年07月11日 09:58
hanaboroさん
すっかりご無沙汰してしまいました〜
最近はRSSリーダーを使用しているのです。
この数ヶ月ですっかり生活のリズムが変わってしまって、なかなか伺えなくて・・・。m(__)m
hanaboroさんのサイトは本当にいつも期待を裏切らないすばらしいサイトですね。
ところで我が家の鉄砲ユリ、なかなか大きくなってくれません。・゚・(ノД`)・゚・。
もう東京ではすっかり咲き終わってしまっているのですか? 
記事を書いたらお知らせしますので、お時間があったら来てください ^−^
というか、また生態についてhanaboroさんのお知恵を拝借する形になりそう(^^ゞです。
あっ、デザインを一新されてから初めてのコメントでした!
シックで落ち着いた感じでステキですね。
以前のもかわいらしくて好きでしたが、やはりブログはシンプルなものが一番って思います。私のブログはもう散々。(>_<)
重いし、ハチャメチャです。
Posted by すぅ at 2005年08月05日 19:25
*すぅさん*

こちらこそ、ご無沙汰しております。そうなんだぁ〜、RSSリーダー、わたしもBloglinesなど使ったりするのですが、ちょっとタイムラグが合ったりして、イマイチなんですよね〜。使いやすいものないかなあと思っているところでした。

すぅさんのところのテッポウユリ、どうしちゃったんでしょうね。こちらの近所では、テッポウユリは終わっちゃいました。今はカサブランカやヤマユリ、オニユリが咲いていますよ。

ブログのデザインは、本人が重さに耐えかねてちょっと前に変更しました。前のバージョンは長く使っていたので、名残惜しかったのですけどね。今回のは少しさびしい感じですけど、夏なのでまあいいかなあと。

たくさんコメント書いてくださって、ありがとうです。すぅさんの記事、楽しみにしています!
Posted by hanaboro at 2005年08月05日 20:40
hanaboroさん
早速来ていただきありがとうございました!
ピントも合っていないお写真で心苦しかったのですが、なんだか我が家の鉄砲ユリに元気がないのが気になってしまって。
ヤマユリも一番元気に咲いていたものが、今年は消滅してしまったり、なかなか思うように咲いてくれません。

でも気を取り直してがんばります。
とにかく暑いのでお花たちもバテバテです。
hanaboroさんもお体に気をつけてくださいね!
Posted by すぅ at 2005年08月08日 05:24
*すぅさん*

野生状態のヤマユリだと、林の中は暗くてあまり開花できないのが、林の縁に沿ってきれいに並んで開花していたりします。また、林の中でも大きな木が倒れたりして、林冠が開くと前年まで咲かなかったものが突然咲いたりなんてことがあるようです。光が足りなかったとか?どこかに残っていたらいいですね。

種子での繁殖では開花まで何年もかかったりして、野生種のヤマユリの栽培はなかなか大変なんだそうですね。

このところの暑さはものすごいですが、何とか夏を乗り切りたいものですね。すぅさんもお体大切にしてくださいね!
Posted by hanaboro at 2005年08月08日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鉄砲ユリの蕾
Excerpt: 【学名】Lilium longiflorum 【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属 【和名】鉄砲百合(テッポウユリ)【英名】Easter Lily または White Tru..
Weblog: My Garden - お花ダイスキ!
Tracked: 2005-08-06 06:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。