2005年07月18日

ヤマトユキザサ

ヤマトユキザサ Smilacina viridiflora


写真は恐らく、ヤマトユキザサだと思います。ユリ科ユキザサ属の植物で、日本では、「ヤマトユキザサ (Smilacina viridiflora)」、「ヒロハユキザサ (Smilacina yesoensis)」、「ユキザサ (Smilacina japonica)」などが知られています。ヒロハユキザサは葉の両面が無毛で花序の毛も少ないということで、今回のものは毛がやや多いので、まず消去しました。ヤマトユキザサとユキザサの違いは、果実の時期では少し難しそうですが、まずユキザサからチェックしてみます。

ユキザサは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内に生える多年草です。茎は斜めに弓なりに伸び、長さは20cm〜70cm。茎や葉の両面に毛がたくさん生えています。葉は長楕円形で、先はとがります。長さは5cm〜15cm。

花期は5月〜7月。茎の先から円錐花序が出て小さな花がたくさんつきます。ふつう、花序や花柄には毛が多いです。花は白色で、6つの花被片があります。1つ1つの花被片は、長さ4mmの幅の狭い長楕円形。雄しべも6本あって、先端の「葯」は淡い黄白色。中央にある雌しべの柱頭の先は、浅く3つに裂けます。果実は球形で、後に赤く熟します。

ふつうなら、この説明で終了したいところなのですが、今回の写真のものは、針葉樹林内で見られたものなので、ユキザザよりも標高の高い場所に生育し、本州中部以北に分布する「ヒロハユキザサ」や「ヤマトユキザサ」が候補にあがります。ヒロハユキザサは最初にチェックしたとおり、今回は違うと思いますが、ユキザサと残りの2つの大きな違いは、ユキザサの花が「両性」なのに対して、ヒロハユキザサとヤマトユキザサは「雌雄異株」。雌しべの裂けた花柱の長さがそれぞれ違っていて、ヒロハユキザサが最も長く、次いでヤマトユキザサが長くなっています。ユキザサの雌しべの花柱はわずかに3裂するのみです。雄花はちょっと緑色っぽい。

そこで、今回の写真の場合ですが、撮影したのが8月半ばで、花はなく果実しかありません。そのため、同定が難しいところなのですが、その果実の先端に残る花柱を見ると、一応、3つに裂けていたことが、何とかわかりました。茎の長さは60cmくらいで大柄、葉の長さは15cmほど、縁が少し波打ち、花序や葉に毛の多いことから、「ヤマトユキザサ」の可能性が高そうです。

【和名】ヤマトユキザサ [大和雪笹]
【別名】オオバユキザサ、ミドリユキザサ
【学名】Smilacina viridiflora
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

■当ブログ内関連記事
マイヅルソウ
チゴユリ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 02:24| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜むっ どの推理小説よりも引きつけられる推理そして検証・・名探偵hanaboroさんですね〜♪

こちら、九州ではユキザサに会いました。尾瀬では、ヒロハを見ました。このヤマトは初めてです・・見たい(*_*)

遅れました、追伸ありがとうございました。 最も大切な事でしたよね<(_ _)>
Posted by なかなか at 2005年07月18日 16:02
*なかなかさん*

こんばんは!
おぉ、そうなんですか。尾瀬には、ヒロハユキザサの方があるんですね。尾瀬の広い範囲でヒロハがふつうに見られるとすれば、今回のものもそうである可能性がありますね。ヤマトユキザサとした根拠は毛の量くらいですから。じつは白状すると、茎の稜の有無を完全に見落としています。稜があれば、ヒロハユキザサの毛が多いタイプとなるかもしれません。

今回のは、まぁ、まったくいい加減なものなので、違うでぞぉ!というツッコミなど歓迎している記事でございました。

追伸の件、どうか失礼をお許しください。
Posted by hanaboro at 2005年07月18日 18:47
こんばんは〜 hanaboroさん
え〜コホンっ! ペラペラ君に会いに行ったら、hanaboroさんのまねをしたくなって・・・つい冠毛の写真を撮して、blogに載せてしまいました(^_^;) お許しくださいませ。

おわびに、ユウゲショウの種子の様子を詳しく見たんですけど・・変なんですよ。 (?_?)
Posted by なかなか at 2005年07月20日 20:25
*なかなかさん*

お返事が大変遅くなってしまいまして、どうもすみませんでした。

先ほど、なかなかさんのペラペラヨメナの記事拝見してまいりました。特に冠毛の写真について、わたしに特許があるわけでもないですから、ご自信のオリジナルとして発表していいのですよぉ。はははっ!名前が連呼されていて、ちょっと恥ずかしかったりして。
Posted by hanaboro at 2005年07月22日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5163433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。