2005年07月18日

カマツカ

カマツカ Pourthiaea villosa var. villosa


カマツカは、本州、四国、九州、それから朝鮮半島や中国などに分布し、山野の雑木林などに生えるバラ科カマツカ属の小高木です。高さは5mくらいまでなります。樹皮は黒っぽい灰色、はがれたりはせず、縦にシワが入る感じになります。花や赤く熟す果実、紅葉が美しいので、ときどき庭にも植えられています。

葉の両面はほぼ無毛。表面ににやや毛のあるタイプを「ケカマツカ」、裏面に綿毛がたくさん生えているタイプを「ワタゲカマツカ」ということもありますが、これらの変異は連続的なのだそうです。葉は倒卵形で、付け根は細くなるくさび形、ふつう葉の中心より上の部分で葉の幅が一番広くなって、先端はとがっています。縁のギザギザ(鋸歯)は、細かく鋭いもの。質はやや厚めで、しっかり展葉した葉は何となくごわつく感じがします。葉柄は短くて、4mm〜5mm。葉は互生ですが、短枝に数枚が集まってつくことが多いです。

カマツカ Pourthiaea villosa var. villosa


花期は4月〜5月。短枝の先から出た花序に、だいたい10個〜20個程度の花をつけます。直径8mmくらいの白色の5弁花。花弁は丸く、小さな受け皿のような形状。雄しべがたくさん突き出して目立ちます。3本の花柱は下の方で互いにくっついています。ガクの先は5つにさけます。

果実の時期になるとよく目立つのですが、「果柄」にはブツブツと隆起したものがあります。これは「皮目(ひもく)」といって、サクラ類だと樹皮の縞模様になっている部分が皮目です。果実は、熟すと長さ7mmくらいの楕円形になります。先端に見られるへたのようなものは、ガク片が残ったものです。果序は次第に下垂してきます。

名前は、材が丈夫で簡単には折れないので、鎌の柄に使われたことから「カマツカ」というそうです。大工道具の柄にもされるとか。また、牛の鼻輪に使われたから、あるいは、鼻輪を通す穴を開けるために使われたことから、別名を「ウシコロシ」というとか。ウシコロシという名前からすると、有毒ではないかという印象がありますが、特に有毒というわけではないようで、赤く熟した果実は食べられるそうです。熟すのは秋。

【和名】カマツカ [鎌柄]
【別名】ウシコロシ [牛殺]
【学名】Pourthiaea villosa var. villosa
【科名】バラ科 ROSACEAE
【撮影日】2005/07/05
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ツリーウォッチング

posted by hanaboro at 19:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5176950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。