2005年07月19日

キバナセツブンソウ

キバナセツブンソウ Eranthis hyemalis


キバナセツブンソウは、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草です。同属の植物はヨーロッパ〜アジアに数種知られています。日本では、主に石灰岩地に「セツブンソウ」が分布していますが、セツブンソウは「Eranthis pinnatifida」となっている場合のほか、球茎ができることによって「Shibateranthis pinnatifida」と別属にされることもあります。

また、日本で「キバナセツブンソウ」と呼ばれているは、「オオバナキバナセツブンソウ (Eranthis hyemalis)」と「キバナセツブンソウ (Eranthis cilicica)」の交配種だといわれて、学名は「Eranthis x tubergenii」となっているようです。これが、セツブンソウ、キバナセツブンソウ、エランティスなどの名前で呼ばれています。しかし、もともと、「オオバナキバナセツブンソウ」と「キバナセツブンソウ」は、掌状に切れ込んだ葉の裂片の数や花の大きさで区別されていたものですが、自生地では混生しているため同種「Eranthis hyemalis」として扱われています。つまり、同種同士の交配によってできた園芸品種ということではないでしょうか。

草丈は5cm〜10cmくらいにはなります。花茎の上部につく茎葉は、2枚が対生しているのだと思いますが、細かく切れ込んで掌状に茎を取り囲むような状態になります。葉はやや厚く表面には光沢があります。

花期は2月〜4月。茎の先に鮮黄色の花を1つずつつけます。直径は2cm〜4cm。咲き始めのころは、草丈も低く葉も小さいので、黄色の花だけが地面に開いているような状態です。ふつう花びらに見える部分は「ガク」で、ふつう6枚のことが多いようですが、5枚だったり7枚だったりするようです。花弁は退化しています。雄しべは多数。

果実は「袋果」で、長さは1cmくらい。熟して先が割れると中には数個ずつの種子が入っているのが見えます。種子は褐色。

【和名】キバナセツブンソウ [黄花節分草]
【学名】Eranthis hyemalis
【科名】キンポウゲ科 RANUNCULACEAE
【撮影日】2004/04/22
【撮影地】東京都小平市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 21:18| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント有り難うございます。
「袋果」の実、自然の妙というか、生命力の強さなのか、子孫を残そうとする植物の力図良さを見せられます。

hanaboroさんのところへは、時々、判らない山野草たちの名前などを確認に寄せて貰い、大変に助かっています。
又、内容を見せていただくのですが、記事の内容が専門的で稚拙なコメントはどうかと思い、まずい画像を見てもらえればとTRだけを張っています。
今後もよろしくお願い致します。
Posted by upplain at 2005年07月20日 10:04
*upplainさん*

お返事、ものすごく遅くなってしまいまして、大変失礼しました。

キンポウゲ科の果実は、なかなか見ていておもしろいものがありますよね。身近なところではオダマキ類。今はもうほとんど弾けてしまっていますけどね。残骸を見つけてはカメラを向けています。

ここのブログの記事は、書いている本人としては、なるべく難しくならないように、主に植物のことをあまりよくご存知ではない方に向けて発信しています。現状はそうはなっていないかもしれないのですが、ご覧いただいた方がどのように感じられるかは自由なわけで。

専門的なコメントしか受け付けないなんてことないですよ。逆に、専門的だとわたしはついていけませんから。これからも、もしよかったら、どうぞ、どうぞ!
Posted by hanaboro at 2005年07月22日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

♪この花何の花、気になる花??
Excerpt: 皆さん、こんにちは。 今日、会社までの通勤の道すがら、道ばたに青々強い草花が咲いているのを見かけました。 何の花なのかはいまいちわかりませんが、こんな都会(渋谷)のアスファルトの片隅に花が咲い..
Weblog: 夏のアウトドアを2005倍楽しむ方法
Tracked: 2005-07-21 10:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。