2004年09月01日

ミヤマシオガマ

ミヤマシオガマ Pedicularis apodochila


ミヤマシオガマは、北海道と本州中部以北に分布し、高山帯の砂礫地などに生育しています。いわゆる「高山植物」の1つです。草丈5cm〜15cmほどのゴマノハグサ科シオガマギク属(Pedicularis)の多年草。葉は大きめの「根生葉」とのびた茎につく小さめの「茎葉」があります。

葉は長さ5cm前後の「羽状複葉」で、1つ1つの「小葉」がさらに細かく切れ込んでいます。一見するとキク科の「ノコギリソウ」の仲間に似ているところがあるかも。小葉は10対〜20対あります。

ミヤマシオガマ Pedicularis apodochila


花期は7月〜8月ですが、夏の花としては早い方で7月中には開花してしまいます。夏山のハイシーズンを待っていると、この花の旬な時期にはなかなか出会えないのです。花は茎の上部に10個前後がかたまってつきます。花冠は鮮やかな紅紫色で、本来は非常に美しい花です。華やかな高山植物の中でも、ひときわ目を引く存在。花冠は上唇と下唇にわかれる「ニ唇形」ですが、同属の「ヨツバシオガマ」のように上唇の先が鳥のくちばしのように長くのびる感じはほとんどありません。

写真は、高山帯では秋の花といわれる「トウヤクリンドウ」さえ終わり気味の8月下旬に撮影。これでは花時期の美しさの片鱗さえもうかがい知ることはできないですね。それでも高山の朝日をあびると、枯れた色も輝いて見えるから不思議ですけれど。

【和名】ミヤマシオガマ [深山塩竈]
【学名】Pedicularis apodochila
【科名】ゴマノハグサ科 SCROPHULARIACEAE
【撮影日】2004/08/27
【撮影地】長野県長谷村

posted by hanaboro at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。