2005年07月23日

トウゴマ

トウゴマ Ricinus communis


トウゴマは、アフリカ北東部原産の大型の一年草です。ただし、一年草というのは霜が降りたりトウゴマにとっては低温になる日本でのことで、熱帯〜暖帯では茎が木質化します。日本に入ってきたのは、かなり古い時代のことだったようです。その後、戦時中に栽培が奨励されたことから、主に西日本で野生化しているのが見られるのだといいます。

トウダイグサ科トウゴマ属の植物で、高さは1m〜2m、太い茎がまっすぐに伸び、枝分かれはまばら。茎に毛はなくツルツルしていて、赤みを帯びているものが多く見られます。特に茎や葉、果実が赤い品種は「ミズマ」または「アカトウゴマ」と呼ばれています。

葉は互生。5個〜11個程度、中ぐらいに裂ける大きな掌状で、長い葉柄があります。葉柄は葉の付け根につくわけではなく、葉身の基部より中心よりの位置につきます。縁のギザギザはちょっと不規則で、ところどころ先のとがった大きな鋸歯があります。葉柄や葉脈も赤いタイプが多いです。

トウゴマ Ricinus communisトウゴマ Ricinus communis


花期は夏〜秋。茎の先や上部の葉の脇(葉腋)から花序を出して、雄花と雌花をつけます。花序の長さは20cmくらいで、上部に雌花、下部に雄花がつきます。これはよくあるパターンとは上下逆なので、ちょっと変わった配置といえるかもしれません。雄花の方はわかりやすいのですが、問題は雌花です。だいたいは、果実ができてきてから、そこが雌花だったのかと気づくようなものです。

雌花には3つ〜5つの「花被片」と1本の雌しべがあります。そして後に果実となる「子房」の部分にはトゲが密生しています。花柱は3本あって、それがさらに2つずつに裂けるので、花の先端部でヒラヒラとして見えます。雄花にはたくさんの雄しべとそれを包む「花被片」が5つあります。開くと花被片は後に反り返ります。雄しべの形状がまたとても変わっていて、たくさん枝分かれします。枝分かれしたそれぞれの先端に淡い黄色の「葯」があるので、全体としてみると、泡が立っているような状態に見えます。

しかし、この雄花と雌花の配置。どうしてこうなっているんでしょうね。どうやって受粉が行われているのでしょう。風によって花粉が運ばれ受粉する「風媒花」なら、やっぱり雄花が上にあるのがふつうのような。まったく、どこをとっても妙な植物。

果実はさく果で、ほぼ球形、まわりにたくさんトゲがあって、赤い「ウニ」みたいです。3室に分かれた果実の中には、各部屋1つずつ種子が入っています。種子には黒っぽい斑模様が入っていて光沢があります。この種子からはひまし油が採られ、薬用や機械油として利用されてきました。しかし、この種子は有毒なので注意が必要。

【和名】トウゴマ [唐胡麻]
【別名】ヒマ
【英名】Castorbean
【学名】Ricinus communis
【科名】トウダイグサ科 EUPHORBIACEAE
【撮影日】2005/07/16
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 20:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。