2004年09月03日

チシマギキョウ

チシマギキョウ Campanula chamissonis


チシマギキョウは、日本では北海道と中部以北に分布し、高山帯の岩場や砂礫地などに生えています。キキョウ科ホタルブクロ属の多年草です。草丈は花茎がのびた状態で、5cm〜15cm。ふつう茎頂に1つ花をつけます。その茎にも葉はありますが、小さくて枚数も少なく目立ちません。それに比べて根元の方の葉や根生葉はたくさんあって、長さは3cmほどになります。根生葉はロゼット状で、少し光沢があり細長いへらのような形です。葉のつけ根になるにしたがって細く葉柄に流れるような感じで、縁のギザギザ(鋸歯)は、細かい波状か、ほとんどわからないことも。

花期は7月〜8月。花はキキョウ科らしい鐘形で、花冠の先は5つに裂け、縁には長い毛があります。色は青紫色、横向きに開きます。岩場の低い位置で咲いている花に視線を落とすと、小鳥のヒナが親鳥に向かって大口をあけて餌をねだっているみたいに見えます。草丈の小さな割りに大きな花をつけるその姿は、いかにも「高山植物」という感じです。夏の高山を彩る、たくさんの高山植物の中にあっても人気の高い種といえるでしょうね。

写真はそんな清楚な花が終わってしまったあとの姿。青紫色の花冠は落ち、うなだれたガク片だけが目立ちます。三角状のガク片は5つ、長い毛があります。こんな姿ですが、結実に成功した個体では、これからこのガクに包まれた果実が熟していくわけです。

【和名】チシマギキョウ [千島桔梗]
【学名】Campanula chamissonis
【科名】キキョウ科 CAMPANULACEAE
【撮影日】2004/08/27
【撮影地】長野県長谷村

posted by hanaboro at 20:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/536881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。