2005年07月26日

ハナトラノオ

ハナトラノオ Physostegia virginiana
2005/07/25

ハナトラノオは、アメリカ北東部原産の多年草です。日本に入ってきたのは、明治のことだったとか。長い花穂に次々に花を咲かせ、たくさん群生して咲く様子は見栄えがよいので、観賞用によく栽培されています。また、それが逃げ出して人家周辺ではしばしば野生化しています。しかも、地下茎でよくふえるため群生しています。草丈は40cm〜1.2mくらい。シソ科の植物なのでふつうのことなのですが、茎はしっかりと四角形になっています。あまり枝分かれはしないのですが、上部のほうで花穂は数本出ます。

ハナトラノオ Physostegia virginiana
2005/07/25
まだ短い花穂
ハナトラノオ Physostegia virginiana
2004/12/08
枯れた花穂


葉は十字に対生するので、遠めにも規則正しい葉の並びに見えます。細長い披針形で先はとがり、縁には先のとがったギザギザ(鋸歯)があります。葉柄はありません。質はちょっと厚めで、表面には光沢があります。

ハナトラノオ Physostegia virginiana
2004/12/08

花期は7月〜10月。茎の先の花穂にたくさんの花をつけます。花穂の長さは10cm前後、シッポのような状態になるので、「トラノオ」とつけられています。ただし、トラノオという名前のつく植物は、多岐にわたっていて、分けられている分類群も様々です。例えば、「オカトラノオ」はサクラソウ科、「イブキトラノオ」はタデ科、「ルリトラノオ」はゴマノハグサ科です。

花は桃紫色〜白色。長さ3cmくらいの「唇形花」。これが4列になって花穂を咲きあがっていくので、非常に立体的。花穂が見え始めた蕾の段階から、その4列で角ばった花穂の片りんが。ガクは先が5つに裂けます。

【和名】ハナトラノオ [花虎の尾]
【別名】カクトラノオ [角虎の尾]、フィソステギア、ライオンズヘッド
【学名】Physostegia virginiana
【科名】シソ科 LABIATAE (LAMIACEAE)
【撮影日】2005/07/25、2004/12/08
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : ガーデニング

posted by hanaboro at 13:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

こんな日は、お日様が恋しい
Excerpt: 昨晩の予報は、「曇り後晴れ」。 でも、朝から小雨がパラパラ。 すっきり晴れた青空が、とっても恋しい。
Weblog: 携帯のカメラって便利?
Tracked: 2005-10-23 09:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。