2005年07月26日

ミソハギ

ミソハギ Lythrum ancepsミソハギ Lythrum anceps


ミソハギは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の湿ったところに生える多年草です。ミソハギ科ミソハギ属の植物で、草丈は50cm〜1mくらい。茎は無毛で瑞々しい印象。地下の根茎は横に広がります。

葉はきれいに十字に対生します。長さ5cm内外の披針形で、ほとんど柄はありませんが、つけ根はあまり茎を抱かないという特徴があります。よく似た「エゾミソハギ (Lythrum salicaria)」はふつう茎を抱くので、チェックポイントの1つ。

ミソハギ Lythrum anceps


花期は7月〜8月。茎の先の花序に穂状にたくさんの花をつけます。花は直径1.5cmくらいの鮮やかな紅紫色。花弁の数は4枚〜6枚。長さ5mm〜8mmくらいの筒状のガクは、先が6つに裂けています。裂けたガク片は三角形で花弁にはりつくような状態になります。まだ、蕾の状態のガクを見ると、星のような形になっていて、ガク片よりも針状で横に突き出したものが目立ちます。これは、ガク片とガク片の間にある「付属片」です。

雄しべは12本、長いものと短かいものが6本ずつ。雌しべの花柱にも長、中、短の3型あります。そして、雄しべと雌しべの長さが同じにならないように長さの違う雄しべと雌しべがうまく組み合わさっています。同じ個体につく花は同じ組み合わせになっていて、違う組み合わせをもつ別の個体とでなければ受粉できない仕組みになっています。このような花を「異形花柱花」または「異形ずい花」といいます。

雌しべ→中雄しべ短雄しべ
雌しべ→長雄しべ短雄しべ
雌しべ→長雄しべ中雄しべ


よく似たエゾミソハギは、ガクに毛があり、ガク片とガク片の間の付属片が、ミソハギのように横に広がらず直立します。

【和名】ミソハギ [禊萩、溝萩]
【学名】Lythrum anceps
【科名】ミソハギ科 LYTHRACEAE
【撮影日】2005/07/25
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 21:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5380789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。