2005年07月27日

ノカンゾウ

ノカンゾウ Hemerocallis fulva var. disticha
2005/02/22 若い芽

ノカンゾウは、本州、四国、九州、沖縄に分布し、低地の草地や田のあぜ、溝の縁や湿地などのやや湿り気の多い場所に生える多年草です。ユリ科ワスレグサ属の植物で、同じ属には「ヤブカンゾウ」、「ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)」、「ユウスゲ」などがあります。特に近い環境に生えるヤブカンゾウはボッテリとした八重咲きですが、ノカンゾウは一重でシャープな印象。真正面から見るとヒトデみたいな感じ。

葉は細長い広線形で、長さは40cm〜70cm、幅は1.5cmくらい。付け根の方では2列になって、互いに抱き合うような形になっています。若い葉は主脈の部分で2つ折り、大きく生長した葉でも主脈が少しへこんでいます。長くなるとだらんと垂れます。葉に毛はありません。若い葉は食用になります。

ノカンゾウ Hemerocallis fulva var. disticha
2005/07/27 花期の葉

花期は7月〜8月。花茎はまっすぐに伸び、高さは70cm〜90cmほどで、上部の花序に数個〜10個くらいの花を次々開きます。ふつう上部では2つに分かれて、Y字型になります。そして上部には小さな「苞」があります。

花は直径7cm。花被片は6つあります。付け根の方は筒状にくっついて、その花筒の長さは3cm前後。5mmくらいの短い花柄を持ちます。花色は橙赤色〜赤褐色。1つ1つの花被片の中心部には黄色っぽいすじ状の模様が1本入ります。雄しべは6本、雌しべは1本で雄しべより長く突き出します。

ノカンゾウ Hemerocallis fulva var. disticha
2005/06/24
ノカンゾウ Hemerocallis fulva var. disticha
2005/07/27
花の終わった花序


朝開いて夕方しぼむ一日花。属の学名「Hemerocallis」には、「hemera(一日)+callos(美)」という意味があります。ふつうはほとんど結実しないので、果実にはなかなかお目にかかれません。

【和名】ノカンゾウ [野萱草]
【学名】Hemerocallis fulva var. disticha
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2005/07/27、2005/06/24、2005/02/22
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉っぱ図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。