2005年07月30日

ユウスゲ

ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina


ユウスゲは、本州、四国、九州に分布し、山地の草地に生える多年草です。というふうに図鑑では、だいたい山地の草原に生えるようなことが書かれているのですが、日本海側の海岸近くの草地でもよく見かけました。夕日を浴びた日本海の波の音とレモンイエローのユウスゲの花。ちょっと贅沢な夏の夕涼みです。

葉は40cm〜60cmくらいですが、花茎がそれより高く伸びて、高さは1m〜1.5mくらいになります。葉は2列に互いに組み合わさったような状態で、そう生します。線形で幅は1cm前後の細長いもの。ユリ科ワスレグサ属(キスゲ属 Hemerocallis)の植物で、世界的に見ると、同属の植物は30種ほど、日本には5種ほどで、例えば、「ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)」や「ヤブカンゾウ」、「ノカンゾウ」などがあります。

ユウスゲ Hemerocallis citrina var. vespertina


花期は7月〜9月。長くのびた花茎の上部の花序は二又状に分岐します。花茎には葉はありませんが、上部には長さ2cm〜3cm程度の「苞」があります。その苞の脇から枝を伸ばして花序となり次々に花を咲かせます。花には芳香があります。

花は斜め上向きに開き、花披片は淡い黄色で6つ、付け根の方はくっついて筒状になります。花被裂片は長さ7cmくらい。そして花筒の部分(花被筒)は長さ3cmほどで、まるで花柄のように見えていますが、本来の花柄は花筒部より付け根の方にあって、少し細くごく短いものです。

花の中央からは雄しべや雌しべが伸びていますが、先の方は上向きに曲がっています。雄しべは6本。雌しべは1本で、雄しべより少し長く突き出しています。花の内部では、雌しべは花筒部の中を通って底の子房に到達しますが、雄しべは花筒部の上部で外側にくっつきます。子房の位置は花筒の奥底ですが、花被片との上下の位置関係からすると、子房の方が上にある「子房上位」です。花被が全部落ちてしまったのを見ると、それがわかるかもしれません。果実は長さ2cmほどの幅の広い楕円形の「さく果」です。

花は夕方開いて翌朝にはしぼんでしまう一日花。夕方に花が開き、葉が細長いところがカヤツリグサ科スゲ属のようだから、「ユウスゲ」という名前がつけられたといいます。

【和名】ユウスゲ [夕菅]
【別名】キスゲ
【学名】Hemerocallis citrina var. vespertina
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/07/04
【撮影地】東京都日野市

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 18:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕾図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5484968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。