2004年09月08日

ウサギギク

ウサギギク Arnica unalaschkensis var. tschonosyi


ウサギギクは、日本では北海道、本州中部以北に分布し、高山帯の草地や砂礫地に生育するキク科ウサギギク属の多年草です。草丈は5cm〜大きいものでは30cmくらいまでなります。全体に縮れた毛が密生しているので、少しゴワゴワした感じもあります。上にのびた茎につく茎葉は2対〜3対。ヘラ形で質は厚め。

ウサギギク Arnica unalaschkensis var. tschonosyi


花期は7月〜8月。ウサギギクの花は、ヒマワリをずっと小さくした感じで、一目でキク科の植物だと分かるような頭花です。色は黄色で、長さ10〜20cm程度の茎の先に一つだけ咲かせます。直径は3.5cm〜5cmほど。茎につく葉は2枚向き合ってつく、つまり「対生」することが多いので、その形を兎の耳に見立てて「ウサギギク」と名づけられています。ということで、名前も花も本当はすごくかわいいものなんです。

花期も終わりに近づくと、まず、先が3つ〜5つに裂けた黄色の「花びら(舌状花)」がだんだん落ちていき、中心部の「筒状花(管状花)」だけが茎の先に残る感じになります。受粉に成功していると、やがて茎を伸ばしながら果実を成長させ、茶色く小ぶりな葱坊主のような状態になります。

一番上の写真では、さらに果実の時期も終わりに近く、すでに果実が成熟し、その半分ぐらいがなくなっていました。分かりにくいですが、茎にくっついている茶色い部分が果実(そう果)で、ちょっと白っぽい糸状に見えるのが、タンポポの綿毛に当たる「冠毛」という部分です。果実は長さ4mmで、冠毛は1列。

【和名】ウサギギク [兎菊]
【別名】キングルマ
【学名】Arnica unalaschkensis var. tschonosyi
【科名】キク科 COMPOSITAE (ASTERACEAE)
【撮影日】2004/08/27
【撮影地】長野県長谷村

posted by hanaboro at 02:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。