2005年08月20日

ツガザクラ

ツガザクラ Phyllodoce nipponica


ツガザクラは、本州中部以北、近畿や中国地方の一部、四国に分布し、亜高山帯〜高山帯の岩場や礫地などに生育しています。高さ5cm〜20cmほどのツツジ科ツガザクラ属の常緑矮性低木です。いろいろと変異が多く、いくつかの種内分類群も認められているし、種間雑種ができることも知られていて、少し複雑なところもあります。

茎はよく枝分かれして、下の方は地面をはうようにのびます。若い枝には刺状の小さな突起があって、ブツブツしています。葉は互生、密につきます。質は厚く、長さ5mm〜8mm、幅1mm〜2mmくらいの線形。縁には非常に細かい鋸歯(ギザギザ)があります。

ツガザクラ Phyllodoce nipponica


主な花期は7月〜8月。枝先から長さ2cmくらいの細長い花柄をだして、その先端に下向きに咲きます。1つの花柄に1つずつ、1つの枝の先に1個〜数個。花冠はごく淡い紅色を帯びた白色。釣鐘形で先は5つに浅く裂けて、裂片は少し外側に反り返ります。花冠は長さ5mm〜7mm。10本の雄しべがあります。ガクは5つに裂け、ガク片は紅紫色。花柄も紅紫色で、腺毛とごく細かい毛が密生しています。

花は下向きですが、果実は上を向きます。果実は直径3mm〜4mmの球形の「さく果」で、熟すと上から5つに割れます。花が終わって若い果実ができているころには、まだ中心に花柱が残っているのですが、写真ではもう見当たりませんでした。上の写真ではガク片に包まれた果実が見えますが、果実にはかなりたくさんの微毛が生えています。下の写真では、もう果実は裂けて、果柄ごとほとんど枯れています。わずかに小さな種子が残っているのみでした。

【和名】ツガザクラ [栂桜]
【学名】Phyllodoce nipponica
【科名】ツツジ科 ERICACEAE
【撮影日】2004/08/27
【撮影地】長野県長谷村

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6075066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。