2004年08月24日

ヒメカワズスゲ

ヒメカワズスゲは、北半球の寒地に分布し、日本では北海道、本州中部以北の亜高山帯〜高山帯に見られます。茎(稈)はそう生し、細長く高さは15cm〜35cmほど。高層湿原に生えるカヤツリグサ科スゲ属の多年草です。葉は鮮やかな緑色で幅は1mm〜1.5mm、長さは茎よりは短め。縁はざらつきます。

小穂は5mmくらいで、2つ〜6つ。長くのびた花序の軸にまばらにつきます。頂小穂、側小穂ともに雄花と雌花がつくか、側小穂は雌花のみ。雌の小穂の鱗片は楕円形で淡い色。苞はトゲ状。果胞は長さ2mmくらいの卵状楕円形で、短めのくちばしがあります。はじめ淡い緑色の果胞は、後に褐色がかってきます。くちばしの上部には小さな突起があってザラザラ。くちばしの先は2つに裂けます。

【和名】ヒメカワズスゲ [姫蛙菅]
【学名】Carex brunnescens subsp. pacifica
【科名】カヤツリグサ科 CYPERACEAE

posted by hanaboro at 18:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6128059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。