2005年08月22日

オトギリソウ

オトギリソウ Hypericum erectum


オトギリソウは、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地や丘陵地〜亜高山帯まで日当たりのよい草地などに生育する多年草です。茎はまっすぐにのび、草丈は30cm〜60cmほどになります。茎や葉、花には「腺体」があります。赤い色素を含み黒く見えるものを「黒点」や「黒線」といって、赤の色素を含まないものを「明点」や「明線」といいます。

葉は対生。葉柄はなく葉の基部はやや茎を抱く感じになります。長さは5cm前後、幅は1cm前後の幅の広い披針形。ふつう黒点があり、明点はありません。葉の大きさや形、黒点の有無など変異が多くて、なかなか難しいところです。

花期は7月〜8月。茎の先の「集散花序」に多数の黄色の5弁花をつけます。1つの花は一日でしぼんでしまう「一日花」。直径は1.5cm〜2cm。1つ1つの花弁は長さ8mm〜1cmくらい。ガクは5つに裂け、ガク片は幅の狭い楕円形、先は丸く、長さは5mmくらい。花弁やガク片に黒点や黒線があります。やや縁に多いです。

雄しべは多数あって、基部のほうでいくつかくっついて束になります。その束が3つあります。雌しべは1つで、花柱は3つに裂けています。果実は「さく果」で、長さ5mm〜1cmほど。縦に明線があります。

オトギリソウという名前は、傷を治す秘伝の薬草のことを他人にもらしてしまった弟を、鷹匠の兄が怒って斬ってしまったという平安時代の伝説からきているそうで、そのときに飛び散った血が、この葉などの黒点となったのだとか。「和漢三才図絵」に記されているそうです。これまたすごい名前ですね。

【和名】オトギリソウ [弟切草]
【学名】Hypericum erectum
【科名】オトギリソウ科 CLUSIACEAE (GUTTIFERAE)
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

■当ブログ内関連記事
フジオトギリ
ミズオトギリ

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6132532

この記事へのトラックバック

最近よく見てるブログ
Excerpt: このブログの写真はそういうお見合い写真みたいな図鑑じゃなくて、綺麗に咲いて「ない」ときの写真ばっかり。「いまこの草がこんなかんじ」ってのがわかるので、ついつい道端を探してしまう。田舎暮らしの特権。別に..
Weblog: nakachiya - 事後報告日記
Tracked: 2005-08-22 23:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。