2005年08月23日

オオバタケシマラン

オオバタケシマラン Streptopus amplexifolius var. papillatus


オオバタケシマランは、北海道、本州中部以北に分布し、亜高山帯〜高山帯の林縁、林内に生育する多年草です。茎は斜めにのび、草丈は50cm〜1mほど。枝分かれしないこともありますが、ふつうは上部で3つくらいに枝分かれします。ユリ科タケシマラン属(Streptopus)の植物で、同属は北半球に10種ほど知られています。日本ではオオバタケシマランの他に少し小さめで果実が球形の「タケシマラン」、果実の黒い「クロミノタケシマラン」、「ヒメタケシマラン」などがあります。

葉は長さ3cm〜10cmくらい。幅の広めの長卵形〜卵形で、先端は尾状に細くとがります。葉柄はなく、葉の基部は心形で茎を抱きます。縁には細かい突起状の毛があって、ふつう裏面はやや白っぽくなります。

オオバタケシマラン Streptopus amplexifolius var. papillatus


花期は7月〜8月。葉腋から細長い花柄を出して、1つずつ花をつけます。花柄の途中には関節があって、花柄がねじれるのが特徴です。そして幅の広い釣鐘形の花は下向きに開きます。花被片は6つで淡い黄緑色、基部の方は茶褐色を帯びています。花被片の長さは1cm内外で、先の方から半分ほどが外側に激しく反り返ります。雌しべの花柱は長さ4mm。果実は楕円形の「液果」で、熟すと赤く艶やかな果実になります。長さは8mm〜9mmほどです。

タケシマランとはよく似ていますが、タケシマランの場合は、葉があまり茎を抱かないことや、花柄がねじれないこと、花柱が目立たないことなどで区別されます。

【和名】オオバタケシマラン [大葉竹縞蘭]
【学名】Streptopus amplexifolius var. papillatus
【科名】ユリ科 LILIACEAE
【撮影日】2004/08/12
【撮影地】福島県檜枝岐村

■Trackback People : 野草people

posted by hanaboro at 19:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 花後図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この実、見たことがあります〜(*^-^*)

食べられるのかどうか、すごく気になります。(いつもいつも『食』に走ってしまいすみません)
見た目がかなりおいしそうですよね〜。
Posted by 知三朗 at 2005年08月23日 20:18
*知三朗さん*

きれいな実ですよね〜。よく目立つし、いかにもおいしそうなんですが、この果実が食べられるという記述は見たことがないんです。

逆に「毒草」として知られていて、若い芽を利用する山菜のナルコユリ、アマドコロ、ユキザサと間違えないように注意しないといけない植物です。ということで、果実にも手を出さないのがよいですよ。
Posted by hanaboro at 2005年08月23日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6170347

この記事へのトラックバック

「北アルプス・栂池自然園」で「高原の花」を撮って見ました。18
Excerpt: 「北アルプス・栂池自然園」で「高原の花」を撮って見ました。18「オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭)」はユリ科タケシマラン属の北海道〜本州(中部地方以北)に分布する多年草。花後は「赤い実」をつけるようです..
Weblog: GOCCIの男を磨く旅(笑)
Tracked: 2008-11-13 06:59

スッキリ♪
Excerpt: ちょw 山ちゃんに教えてもらったとこウマすぎwwww そらロレックス買えるわなって話(^^; 試しにやってみたんだけどさ、初めてなのに5万貰えたわwwwww http://XqtQK6Un.sefr..
Weblog: ねつら
Tracked: 2008-12-06 20:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。